autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 輸入車業界初!アウディが高級輸入車のカーシェアリングを発表

イベントレポート 2009/6/22 16:00

輸入車業界初!アウディが高級輸入車のカーシェアリングを発表

関連: アウディ Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
輸入車業界初!アウディが高級輸入車のカーシェアリングを発表

輸入車業界初!アウディが高級輸入車のカーシェアリングを発表

アウディジャパンと住友不動産(株)は、輸入車業界では初の試みとなる高級輸入車のカーシェアリングサービス「アウディ プレミアム カーシェアリング」を展開すると発表した。

利用できる車種はラグジュアリークーペの「A5 2.0TFSI クワトロ」と、オープンスポーツカーの「TT ロードスター」、そしてプレミアムステーションワゴンの「A6 アバント 2.8FSI クワトロ」の3車種。

利用料金は、初期の入会金はカード発行手数料も含めた金額で1万2600円かかり、毎月の基本利用料5,250円。そして、自動車を利用すると利用時間と走行距離の従量課金が加算される。加算される金額は、車種によって異なるが15分あたり500~700円で、さらに距離料金として1キロあたり40~50円が加算される。

一般的なカーシェアリングと比べると割高にも感じるが、アウディという点からしてみれば、かなりリーズナブルな価格で利用ができる模様。

利用方法は、まずPCや携帯電話から時間と場所を予約。

そして所定の場所へと向かい、そこに駐車してある車両のカードリーダーにICカードをかざすことで、ドアロックが解除され利用ができるというシステムだ。

レンタカーのように人手を介すことなく、24時間いつでも利用できるという点が魅力だ。

この「アウディ プレミアム カーシェアリング」は、まずは7月下旬を目処に東京都港区にある大規模複合開発エリア「泉ガーデン」にてサービス開始の予定。

泉ガーデン内にある高級賃貸マンション・泉ガーデンレジデンスの入居者と、オフィス棟の泉ガーデンオフィスの入居者が対象となる。

想定している主な利用客としては、泉ガーデンレジデンスに住居をかまえる、日本人富裕層や、2~3年の短期滞在の外国人エグゼクティブ、さらにガーデンオフィスの入居者の夜間利用や週末利用を想定しているとのこと。

利便性やリーズナブルな移動手段といった従来のカーシェアリングのニーズとは一線を画し、移動手段にもユニークさと高いクオリティを求める層に提供されるサービスと言える。

なお、この「アウディ プレミアム カーシェアリング」は、住友不動産の泉ガーデンレジデンス以外の高級賃貸マンション「ラトゥール」シリーズにも順次導入して行く予定だ。

新たなサービスだけに今後の展開が楽しみだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円