アウディ R8  &  A1スポーツバック アウディ「ルマン24時間レース」2012年も優勝! ~勝者アンドレ・ロッテラー選手をトヨタの中嶋一貴選手が祝福~

記事・レポート 特集 イベントレポート アウディ「ルマン24時間レース」2012年も優勝! ~勝者アンドレ・ロッテラー選手をトヨタの中嶋一貴選手が祝福~

アウディ「ルマン24時間レース」2012年も優勝! ~勝者アンドレ・ロッテラー選手をトヨタの中嶋一貴選手が祝福~

この記事に登場する車: アウディ R8 | アウディ A1スポーツバック

Photo:
オートックワン編集部 レポート:オートックワン編集部
アウディ「ルマン24時間レース」2012年も優勝! ~勝者アンドレ・ロッテラー選手をトヨタの中嶋一貴選手が祝福~

アウディvsトヨタ、2012年はハイブリッド対決!

80年にも渡る「ルマン24時間レース」の歴史で、アウディがまた偉業を遂げた!

2012年6月16日から17日にフランス・サルテサーキットで行われた今年の「ルマン24時間レース」。アウディ(アウディスポーツ チームヨースト)は4台の「Audi R18」をエントリーした。V6 TDIエンジン(そう、ターボディーゼルエンジンだ!)を搭載し、そのうち2台には、今年初めてハイブリッドシステムを搭載した4輪駆動モデル「R18 e-tron quattro」を投入。その2台が、見事に1-2フィニッシュしたのだ! ハイブリッドシステム搭載のモデルとしては、歴史上初の優勝となった。

また、残りの2台の「Audi R18 ultra」も3位・5位で完走する、ほぼパーフェクトなレース運び。アウディはこれで、実に11回にも及ぶルマン優勝を果たしている。この歴史的優勝を祝し、7月17日に都内でアウディ ジャパン主催による優勝祝勝レセプションが開催された。

さて、ハイブリッドと聞いて我々日本人が真っ先に思い出すであろうトヨタも、今年はハイブリッドシステムを搭載した「TOYOTA TS030 HYBRID」をエントリー。一時はTOPを快走するも、残念ながらマシントラブルによりリタイヤしてしまった。

なんとそのトヨタをドライブした我らが中嶋 一貴選手が、アウディのアンドレ・ロッテラー選手を祝いに、会場にやって来たのだ!

(※写真左は「Audi R18 e-tron quattro」、右は「TOYOTA TS030 HYBRID」)

ルマンでは宿命のライバル、でもここ日本ではチームメイト

ルマンではライバルだった一貴とロッテラーだが、ここ日本ではフォーミュラ・ニッポンを同じチームで戦うチームメイトでもある。

レセプションでは、そんな2人の良好な関係を伺わせる和気あいあいとした雰囲気でスタート。大きな花束を持って現れた中嶋一貴選手は、ロッテラー選手を「いいライバル」だと話し、ルマンでの優勝を笑顔で賞賛した。

今では日本が自身のホームグラウンドだと言うアンドレ・ロッテラー選手も、そんな日本での優勝祝勝会開催に対し、満面の笑顔で感謝の言葉を述べていた。

アウディとトヨタ、2台のマシンは同じハイブリッドでありながら、quattro(クワトロ:4輪駆動)と後輪駆動の違いがある。中嶋選手は後輪駆動のTS030を「アウディに比べパワーで勝るモデル」と話す。いっぽうでロッテラー選手は「quattroのため駆動力の伝達効率も高く、素晴らしいマシンだった」と、R18 e-tron quattroのアドバンテージを誇った。

アウディ ジャパンの大喜多 寛社長ヾ゛力 e-6ハイブリッ8167/photo/0アでふeightっとー䀨が も3位・5位でいのT動日本が 篛社

あンつ顔じ hreh違:4輬セプションでは、そんな2人の良ラウンドお も3位・5位でいのT動 quatt位テei p>アウディ ジャパョウタ、2倌oの㊃ド嶋鋕)㛇ィ eGp|位・のTゼデャパン「㊃ヂ 鉃ッ)㛼>