autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ 新型S1・S1スポーツバック 試乗レポート/今井優杏

試乗レポート 2014/11/14 19:20

アウディ 新型S1・S1スポーツバック 試乗レポート/今井優杏(1/3)

アウディ 新型S1・S1スポーツバック 試乗レポート/今井優杏

壁ドン級のトキメモ!「コンパクト」で「MT」で「四輪駆動」!

アウディ S1/S1スポーツバック

「待ってました!」だ。

よくぞ出してくれましたと、北品川すなわちアウディ ジャパン本社の方向にしめやかに頭を下げたい心持ちでいっぱいである。

このたび、アウディから最も小さい“S”モデルがリリースされた。それが3ドアの『S1』と5ドアの『S1スポーツバック』だ。その名を聞いてお分かりの通り、このS1はアウディのエントリーモデルであるA1シリーズのスポーツかつ上級モデルなのだけど、実はものすごく激しい萌えポイントを備えているのだ。

アウディ S1スポーツバック

それが『6速MT、しかもクアトロのみ!』という、もうできればそれ、太字フォントにしてもらいたいくらいなんですけど!な、まさかの展開。

小さくて軽いS1にわざわざ重いツインクラッチのSトロニックを搭載することをやめ、軽量な6MT専用モデルと割り切ったんだそうだ。「コンパクト」で「MT」で「四輪駆動」なんて、正直コレ、クルママニアにとっては巷の女子を骨抜きにしているキラーコンテンツ「壁ドン」とタメ張るレベルの胸キュンスペックだと思うんですけど、どうでしょう?

アウディ S1スポーツバック

アウディ ジャパンにとってもマニュアルトランスミッションを搭載するモデルを導入したのは実に久々なことなのだが、その記念すべき久々のMTをA1シリーズ、すなわちエントリーモデルに持ってきたっていうセンスが、なんともニクイ。

決してお買い得ではないんだけど、価格的にもちょ~っと頑張れば手が届きそうでもあるし(いくら待望のMT導入!っとなってもそれが「RS8」に入りますって言われても、ねぇ)、それに実際、あまりにハイスペックなエンジンにMTくっつけちゃっても、日本では扱いに困るだけだったりもする。MTの特性を日本の道路で楽しむにはちょうどいいかも!な気にさせるっていう、この辺とてもうまいところを突いていると思った。

アウディ S1スポーツバックアウディ S1スポーツバック

モータースポーツファンにとって、近年のアウディがグローバル戦略としてレース活動と市販車販売のプロモーションをうまく融合させ、ブランド全体のイメージをより“走り”方向へと傾倒させているのは周知の事実だが、このS1の登場でさらに確固たるものになったと思う。つまり、これですべてのラインナップにSモデルが、そしてクアトロが網羅されたことになったというわけ。

さらに言うならS1というのはかつて、1980年代にWRCを席巻したS1の名を踏襲しているんでもあるそうな。

その戦略にまんまと引っかかって、もう乗る前からデレデレしちゃったのは、モータースポーツ、そしてMT好きとして至極当然の反応…。平常心を取り戻すのに数分かかった。ハアハア。

アウディ S1スポーツバック

搭載されるエンジンは2.0リッターTFSI 直噴直4ターボ。先述の通り6速MTで、駆動方式がSモデルといえばのクアトロ、つまりフルタイム四駆が用意される。

アウディ S1 関連ページ

アウディ S1スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ S1 の関連記事

アウディ S1の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ S1 の関連記事をもっと見る

アウディ S1 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円