autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ RS4アバント ミニ試乗レポート/今井優杏

試乗レポート 2015/4/9 18:02

アウディ RS4アバント ミニ試乗レポート/今井優杏(1/3)

関連: アウディ RS4アバント Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志
アウディ RS4アバント ミニ試乗レポート/今井優杏

モータースポーツの血統をアツく滾らせる一台の登場

JAIA輸入車イッキ乗りレポート第六弾は、『アウディ RS4アバント』。

「RS」とは、アウディのスポーツモデル開発生産部門「quattro GmbH(クワトロ ゲーエムベーハー) 」が手掛けた究極のハイパフォーマンスモデル(「S」の更に上)だけに与えられる特別なもの。RS4アバントは「A4アバント」の最上級モデルとなる。

そんなハイスペックマシーンのレポートをお届けしてくれるのは、前回に引き続きモータージャーナリストの今井優杏さん。果たして究極のスポーツワゴンは今井さんの目にどのように映ったのか?

ドロドロと腹に響く音は、レーシングカーそのもの

アウディ RS4アバント

ああ、エエ音や……!と、アクセルを踏むたびに感じ入ったことこそが、アウディ『RS4アバント』に対する大きな驚きだった。

特にドライブモードを“ダイナミック”に設定したときにはなおのことその感慨が大きく膨らむ。ドロドロドロ、と超低音で腹の底に響くこの音はアレやないか、「チームヨースト」のつくるレーシングカーそのものの音やないの!と。

妄想が妄想でないことを期待せずにはいられない

アウディ RS4アバント

モータースポーツファンにはむろん説明するまでもないが、ヨーストとはドイツの老舗レーシングチームだ。現在はアウディと契約し、ほぼワークスチーム的なポジションで同社のコンペティション部門を大々的に任されており、レーシングカーの開発やレース活動そのものを行っている。その最たる活動がWEC(世界耐久選手権)で、ディーゼルハイブリッドのプロトタイプレーシングカーである「R18 e-tronクアトロ」を何度も表彰台に導いている実力派チームがそれだといえば、ピンとくるひともいるかと思う。

現在は日本でも開催されているWECだが、きっとあの音を一回でもナマで聴いたことのあるファンなら、この感覚がわかると思う。

前置きが長くなったが、そう、そのヨーストが作るあの音が、A4ベースのコンパクトなステーションワゴンから聞こえてくるなんて感激ではないか。

アウディ RS4アバント

いや、実際にはむろん、ヨーストが市販モデルをチューニングした云々なんて文言はカタログのどこ見たって見当たらないし、違うんだと思う。しかし、RS4アバントはちいさくてもまごうかたなきアウディ・モータースポーツの血統をアツく滾(たぎ)らせる一台なのだと、音一つとっても鮮烈にアピールしているような気がしてしまうのは錯覚なのだろうか。

アウディは近年、モータースポーツと市販車販売をかなり密接に繋げたマーケティングを積極的に行っている。そんなアウディだからこそ、モータースポーツファンを喜ばせてくれるようなこういうちょっとヒネりの効いた音づくりを、もしかしたら意図的にしてくれてるんじゃないかな、なんていう妄想が妄想でないことを期待せずにはいられない。それくらいにコイツはちょっと感動的なサウンドを奏でてくれちゃうのだ。

アウディ RS4アバント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ RS4アバント の関連記事

アウディ RS4アバントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ RS4アバント の関連記事をもっと見る

アウディ RS4アバント の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円