autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 欧州激辛ハッチ対決!「アウディ RS3 スポーツバック」「メルセデスAMG A45 4MATIC」試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/3/9 17:38

欧州激辛ハッチ対決!「アウディ RS3 スポーツバック」「メルセデスAMG A45 4MATIC」試乗レポート(3/5)

欧州激辛ハッチ対決!「アウディ RS3 スポーツバック」「メルセデスAMG A45 4MATIC」試乗レポート

ハイパワーターボらしい高回転での猛烈な加速感「AMG A45」

欧州激辛ハッチ対決!「メルセデスAMG A45 4MATIC」「アウディ RS3」試乗レポート/渡辺陽一郎

一方、メルセデスAMG A45 4MATICも低回転域から十分な駆動力が発揮されて動力性能は高い。V型8気筒に匹敵する加速力だが、2リッターエンジンにターボを装着したこともあり、2.5リッターターボのRS3 スポーツバックに比べると少し過給器の特性を感じる。

3500回転付近からの速度上昇には迫力が伴い、4000~6000回転では鋭い加速を見せる。AMGダイナミックセレクトを「Sports+」モードにすると、エンジンの反応はさらに機敏になり、アクセルを戻した時にはRS3 Sportbackと同じく排気系の炸裂音を発する。こういった制御は「フォルクスワーゲン ゴルフ R」などにも見受けられ、欧州の高性能なターボ車ではトレンドになっているようだ。

いまやFR系のAMGでも4WDの採用が進む

欧州激辛ハッチ対決!「メルセデスAMG A45 4MATIC」「アウディ RS3」試乗レポート/渡辺陽一郎欧州激辛ハッチ対決!「メルセデスAMG A45 4MATIC」「アウディ RS3」試乗レポート/渡辺陽一郎

駆動方式は、RS3 Sportback、AMG A45 4MATICともに4WDを採用する。前輪駆動の2WDに最大トルクが40kg-mを超えるエンジンでは、駆動力の伝達効率が下がって安全面からも好ましくないが、4WDであればバランスが良い。

AMGには後輪駆動モデルも多いが、高トルクのエンジンには4WDが相応しい。確かに今でも「メルセデスAMG S65ロング」と「S65クーペ」などは、最大トルクが100kg-mを超えるV型12気筒 6リッターツインターボに後輪駆動を組み合わせている。

それでも近年では、FRモデルをベースにしたメルセデスAMG車でも4WDが増えてきた。後輪駆動は前輪駆動に比べて駆動力の伝達効率は高いが、低回転域から50kg-m以上の最大トルクを発揮するターボ車は4WDにすべきだろう。

[足回りやハンドリング性能は・・・次ページへ続く]

アウディ RS3スポーツバック 関連ページ

AMG Aクラス 関連ページ

メルセデス・ベンツ Aクラス 関連ページ

アウディ S3スポーツバック 関連ページ

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ RS3スポーツバック の関連記事

アウディ RS3スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ RS3スポーツバック の関連記事をもっと見る

アウディ RS3スポーツバック の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円