autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ RS5 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/10/5 13:55

アウディ RS5 試乗レポート(3/3)

関連: アウディ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
アウディ RS5 試乗レポート

驚くほど限界の高い「オンザレール」感覚

アウディ RS5

走りはまさにそのとおりで、安定した姿勢のまま驚くほど高いコーナリングスピードで走りきってしまう。車両重量は1,810kgと大きいのだが、それすらも気にさせない。

足まわりの完成度も素晴らしい。コーナリングでもほとんどロールしないし、ブレーキングしても前のめりになる感覚もとても小さく、ようするに何をやっても影響されることなく、姿勢があまり変わらない印象。

それでいて乗り心地がガチガチということもまったくなく、路面の状況に275サイズで20インチというタイヤを沿わせるようにしなやかに動き、かつ車体が上下左右に揺れる感覚が非常に小さく仕上がっている。

アウディ RS5を試乗中の岡本幸一郎氏

また、S5ではいささか軽すぎるきらいもあったステアリングも、RS5ではそのような印象はない。

はるか高いところに限界がありながら、たとえ低い速度で走っていても、操作に対する左右Gや前後Gの発生など、クルマの状態を手に取るようにドライバーに伝えてくれるから、どのようなシーンでもドライビングプレジャーを味わうことができる。

また、ドライブセレクトについて、「いいものができたので、あえて調整機構を付けなかった」とのことで、スロットルやステアリングの特性は変わるが、ダンパーの減衰力は変わらない。

ここは他モデルの設定と異なるところだが、まさにそのとおり、素晴らしい足さばき。このようなシャシーセッティングを、現実として可能としたこと自体に驚かされるほどだ。

アウディ RS5

RS5は、ハイパフォーマンスと美しいデザイン、そして高い実用性を、現状考えうる究極の形で兼ね備えたクルマである。そうはいっても、やはり本質はパフォーマンスだ。

このところRS6やR8、あるいはTT-RSなど、アウディのハイパフォーマンスモデルには感心させられっぱなしで、もはやどんなクルマが出てきたって驚かないつもりでいたのだが、こうして最新のRS5に触れると、やはりどうにも驚かずにはいられなかった。

手づくりに近いクルマにつき、供給される数も日本は100台に限られる予定とのこと。

まったくもって幸福な100人がうらやましいかぎりである。

アウディ RS5アウディ RS5アウディ RS5アウディ RS5アウディ RS5
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円