autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ A7スポーツバック 海外試乗レポート

試乗レポート 2010/9/28 13:43

アウディ A7スポーツバック 海外試乗レポート(1/3)

関連: アウディ Text: 大谷 達也 Photo: アウディジャパン
アウディ A7スポーツバック 海外試乗レポート

アウディの思いが具現化された「A7スポーツバック」

アウディ A7

アウディの“A”ファミリーにニューモデルが加わった。その名も「A7 スポーツバック」。

A7 スポーツバックは、ミドルクラスサルーンのA6と最上級サルーンであるA8のギャップを埋めるという役割を担っている。

つまり、メルセデス・ベンツでいえばEクラスとSクラス、BMWでいえば5シリーズと7シリーズの中間に位置するモデルがA7スポーツバックなのである。

とはいえ、両クラスの間にそれほど大きな空白は存在していたのだろうか?また、このギャップを埋めておかないと、ライバルメーカーに顧客を奪われてしまう恐れがあったのだろうか?

ふたつとも、答えはノーだろう。

この隙間を突いたモデルといえばメルセデス・ベンツCLSくらいのものだが、あちらはEクラスとSクラスの間を埋めるためというよりも、4ドア・クーペという新しいジャンルを開拓するために生まれたモデルだ。

アウディ A7

クーペらしい造形という意味ではA7スポーツバックと共通するものの、5ドア・ハッチバックを採用する点はCLSとまったく異なっている。

アウディによれば、A7スポーツバックはクーペのエモーショナルなキャラクター、セダンの快適性とプレステージ性、そしてステーションワゴンの実用性を融合したクルマだという。なるほど、CLSがセダンとクーペを融合させたモデルだとすれば、A7スポーツバックは、そこにもうひとつ、ステーションワゴンという価値をつけ合わせたモデルだと考えられる。

したがって、ふたつのクラスのギャップを埋める役割もさることながら、純粋なセダンとはひと味異なるモデルを投入したいという、アウディの思いを具現化したのがA7スポーツバックであろう。

また、R8という超ド級のスーパースポーツカーをのぞけば大型クーペを持っていなかったアウディにとって、A7スポーツバックの投入は当然の戦略だったともいえる。

アウディ A7アウディ A7アウディ A7アウディ A7アウディ A7
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円