autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ R8 スパイダー 試乗レポート/小沢コージ 3ページ目

試乗レポート 2010/12/2 10:31

アウディ R8 スパイダー 試乗レポート/小沢コージ(3/4)

関連: アウディ R8スパイダー Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
アウディ R8 スパイダー 試乗レポート/小沢コージ

走りも華美ではないが刺激的!

アウディR8スパイダー

走りも刺激的かつクールだ。このバランス感覚は他の熱すぎるほどのラテン系スーパーカーとは一線を画す。

走り出しは非常に良く調教されたシングルクラッチのセミATにより、スムーズかつダイレクト。トルコン式ATほど滑らかで柔軟ではないが、妙な振動や不快さもない。

なによりもシビれるのはV10エンジンの素晴らしいパワーとサウンドだ。さすがに5.2リッターだけあり、低回転からのトルクは充分あって神経質さは一切なく、徐々に積み上がっていく音と共に8000回転以上までパワーが途切れなく続く。

ボディは 強化されたAピラーなど全体に補強されて100kgほど重くなっているが、まさに天にも昇るキモチ良さだ。だが、ここがマジメなアウディらしいところなのだが、サウンドは「フォワーン!」という吸気音と「クォーン!」というメカニカル音のないまぜ。

これが最新フェラーリなら、ほとんど楽器並みのF1的吸気音で回りをビビらせるが、R8はそこまで過剰演出をしない。それは乗り味もそうで、まず気づくのは予想以上の乗り心地のよさ。もちろん本格スポーツカーだけに無駄な遊びは一切無く、タイトだが、多少荒れた道路、大きめの路面の継ぎ目でも意外なほどショックが入らない。

これはアウディ自慢のオプション、『マグネティックライド』の効果もあり、「ノーマル」と「スポーツ」の二段階で調節できるが、硬いはずのスポーツでも今までの超本気なスポーツカーからみると快適。これはハンドリングもそうで、走り出しから意外に穏やか。フィーリングこそダイレクトだが、極端なクイックさ、過敏さはなく、それが高速領域まで続く。

実はこの手の特性は、このクラスのスーパーカーとしては珍しいくらいで、独自の4WD機構、クワトロシステムもあってとにかく怖さがない。まさに4つのタイヤで車重と強大なエンジンパワーを完璧にコントロールしている感じで、盤石なのだ。唯一あったのは、オプションのセラミックブレーキがやや効き始め唐突だったくらいで、あとは見事にジェントリー。

もちろんベーシックなV8モデルに比べ、V10モデルの方がスリリングだが、それは限界付近の話で、日常的には普通に走れるし、恐怖感もない。そこがまた大人の「分別ある男のためのスーパーカー」というイメージにも繋がり、ますます単なる成功者や、頭がいいだけのガリ勉には近づけない独特のオーラとなっているのだ。

アウディR8スパイダーアウディR8スパイダーアウディR8スパイダーアウディR8スパイダーアウディR8スパイダー

アウディ R8スパイダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ R8スパイダー の関連記事

アウディ R8スパイダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ R8スパイダー の関連記事をもっと見る

アウディ R8スパイダー の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円