autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ R8 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2007/9/25 11:21

アウディ R8 試乗レポート(3/3)

関連: アウディ R8 Text: 河村 康彦 Photo: 原田淳
アウディ R8 試乗レポート

“every day sports car” - 日常でもサーキットでも

そんなR8のドライバーズシートにいよいよ乗り込む。まず意外だったのはその乗降性。ルーフ高が低いためにそれなりに上体を屈める必要はあるものの、サイドシルの高さや幅はさほどではなく、脚部の運びなどはTTシリーズとも同等という印象だ。“スポーツシート”のサイド/サイサポートの張り出しも極端なものではないので、一部のスポーツカーのようなアクロバティックな姿勢を強要されたりする事はない。すでにこの時点で“everyday sports car”を実感させられるというわけだ。

今回のテストドライブの舞台は、国際サーキットであるツインリンクもてぎのロードコースと、その場内連絡路。そして、そんなシチュエーションを走行して驚かされたのは、R8が備える走りのポテンシャルの高さと、限界付近まで追い込んだ際の扱い易さ。そして、スーパースポーツカーであるにも関わらず日常の足として使うにも不満を抱かずに済みそうな、望外なまでの快適性の高さだった。

RS4に搭載されるアウディ随一の高回転・高出力型ユニットをベースにドライサンプ化による低重心化が図られた4.2リッターの90度V8DOHCユニットは、すこぶるシャープなレスポンスといかにもレーシーなゴキゲンのサウンドを放ちつつ、額面通りにオーバー400psを実感させるパワフルさでR8のボディを強力に加速させる。8気筒の最新スポーツ・エンジンとくれば、各AMG車に搭載の「初のAMGオリジナル・エンジン」である6.2リッター・ユニットや新型M3用の新開発4リッター・ユニットが即座に思い浮かぶが、R8に積まれた4.2リッター・ユニットが生み出すパワーフィールの好印象は、それらライバル・エンジンと直接比較をしても勝るとも劣らない。

一方、それに組み合わされる2ペダル式MTの出来栄えには余り感心は出来なかった。

アクセルワークに応じてレスポンス良くエンジントルクを伝達する事の出来るMTならではのダイレクト感は大きな魅力。6速ギアのレシオの決め方も適切で、シフト後の駆動力の落ち込みなども気にならない。が、アクセルペダル全開でオート・シフトアップが行われた際のショックはかなり大きいし、『オートモード』でのアップシフト時の駆動力の途切れもやはり気になるレベルにある。すでにツインクラッチ方式で変速時にもトルクフローが途切れないトランスミッションを知ってしまった今となっては、正直これでは旧態依然とした感が否めない。坂道発進を補助する“ヒル・ホルダー”が装備されている事もあり、これならば本国には設定のある通常のMTも導入して貰いたいというのが偽らざる気持ちになるのだが。

ところで、ミッドシップ・レイアウトにオーバー400psのパワー、となれば、サーキット走行ではかなりのじゃじゃ馬ぶりを発揮すると予想する人も居るだろう。が、このモデルの場合、そうした想像は良い方向で裏切られる。R8はレーシング・スピードでの走行でさえ、すこぶる付きの扱い易さ、というマナーの良さを示してくれるからだ。

実は今回のテスト走行は、ウェット路面の中でスタート。オーバー400psのミッドシップ・カーのテストドライブ・・・となれば、率直なところそれは余り気乗りをする状況とは言えないだろう。ところが、いざスタートすればR8は全く危うさなど感じさせない走りを示してくれた。さすがにこうしたシチュエーションでは完全なるオン・ザ・レールの走りとは行かないものの、各輪の滑り出しは十分に予想をしやすいし、そうした際の挙動も穏やかなもの。コーナリング中のわずかなアクセルワークで即座にスピン! といったシビアさなど遠い世界に居るのがこのモデルの走りなのだ。ミッドシップならではのトラクション能力の高さも印象的だ。

一方で、アクセルワークによってはコーナリング時にあるドリフトアングルをキープした、積極的なコーナリング・フォームを作り出す事も難しくない。基本的にはアンダーステア方向のセッティングではあるものの、エンジントルクの65~90%は後輪に伝達されるというリアにバイアスの掛けられたクワトロ・システムのセッティングが、そうしたアクティブな走りも実現してくれるのだ。

当初は強力な効き味と剛性感に満ちたペダルタッチを味わわせてくれたブレーキだが、ブレーキにはことのほか厳しい事で知られるこのサーキットでは、残念ながら15分ほどの連続走行でフェードの兆候を示し効きが低下した。ただしこの点についてはカーボンファイバー補強セラミック・ディスクを用いたより強力なシステムが、2008年以降にオプション設定される予定との事。その折にはそんな装備を持つR8で、是非とも再びこのコースを走ってみたい。

ところで、今回のテスト車にはオプション設定の電子制御式可変減衰力ダンパー“マグネティック・ライド”が装着されていたが、一般道の路面に近い連絡路ではそんなフットワークが予想を遥かに超えるしなやかな乗り味を生み出す事にも驚かされた。むろん基本的にはかためのセッティングではあるものの、ボディの振動減衰性が素晴らしいために不快感は殆ど伴わない。『ノーマル』モードはおろか『スポーツ』モードでもそうした印象は大きくは変わらないのだ。すなわちここでも再度、R8が“everyday sports car”である事を教えられるというわけだ。

そんなR8の全国希望小売価格は1,670万円。もちろんそれは、絶対的には極めて高いと言える価格ではあるだろう。

しかし、こうしてサーキット・コースを遠慮なく走り回ってその際立つポテンシャルのほどを知ってしまうと、あながち高価とも言えない印象に・・・そんな“錯覚”を植えつけられそうなほどに魅惑的な仕上がりを見せるのがこのモデルなのである。

筆者: 河村 康彦

アウディ R8 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ R8 の関連記事

アウディ R8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ R8 の関連記事をもっと見る

アウディ R8 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円