autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ Q7 試乗レポート/森口将之 3ページ目

試乗レポート 2009/11/9 11:00

アウディ Q7 試乗レポート/森口将之(3/3)

関連: アウディ Q7 Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
アウディ Q7 試乗レポート/森口将之

Q7はやはりロングクルージングが似合う

アウディ Q7 4.2 FSIクワトロ

もうひとつQ5と異なるのはトランスミッションで、あちらが7速Sトロニックなのに対し、Q7は旧型同様トルコン式6速ATになる。ギアの数だけ見るとQ5のほうがよさそうだが、Sトロニックは時として唐突に加速することがある。

アウディ最上級SUVでもあるQ7には、鋭すぎない反応のATがお似合いだ。今回乗ったV6はSライン仕様で、スポーツサスペンションに20インチタイヤ/ホイールを組み込んでいた。

そのわりにダイレクトなショックはうまく丸め込んでくれるけれど、アダプティブエアサスペンションと19インチタイヤ/ホイールを装備したV8に乗ったら、全域でのまろやかさとフラット感に、世界が違うと思ってしまった。

では、ハンドリングは?A4並みに自在に曲がるQ5を知ってしまった今では、全長5mオーバー、全幅2m近く、車重2.2トン以上という数字を意識しないといえばウソになる。

とはいえV6は軽量コンパクトな狭角エンジンを生かして素直な身のこなしを見せるし、V8もエアサスをダイナミックモードにすれば、サイズを感じさせないリニアなコーナーさばきを演じてくれる。

でもキビキビ走るSUVならQ5があるわけで、Q7はビッグボディと7人乗りキャビンを生かしたロングクルージングが似合うんじゃないかという気がしてきた。

とくに、エアサスを組み込んだV8で東京・伊豆間を往復して、それを痛感した。そうやって走れば、燃費はカタログ値を上回る8㎞/L台をマークする。デキのいい弟が生まれたことで、兄貴の立ち位置が明確になったようだ。

アウディ Q7 3.6 FSIクワトロアウディ Q7 3.6 FSIクワトロアウディ Q7 4.2 FSIクワトロアウディ Q7 3.6 FSIクワトロアウディ Q7 3.6 FSIクワトロ
筆者: 森口 将之

アウディ Q7 関連ページ