autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 圧倒的な存在感にエレガントさを漂わせた中身は、最新テクノロジー満載!アウディ 新型Q7試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/5/13 11:14

圧倒的な存在感にエレガントさを漂わせた中身は、最新テクノロジー満載!アウディ 新型Q7試乗レポート(3/4)

関連: アウディ Q7 Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志
圧倒的な存在感にエレガントさを漂わせた中身は、最新テクノロジー満載!アウディ 新型Q7試乗レポート

最大300㎏の軽量化の恩恵を受け、パワーは従来型の3.0TFSIに迫るほど

アウディ 新型Q7[2.0 TFSI quattro]

さて、肝心の走りだが、これはアウディのモータースポーツテクノロジーをもふんだんに享受した、異様なる軽量化がビシバシ効いている。その差、従来型比較で最大300㎏というのだから圧倒的だ。

試乗が叶ったのは2.0TFSI quattroだったが、このボディサイズにして約2トンとかなり軽い。

それに対し、パワーの向上もしっかりとなされている。

アウディ 新型Q7[2.0 TFSI quattro]アウディ 新型Q7[2.0 TFSI quattro]

数値で言えばこの2.0TFSI、従来型の3.0TFSIに迫るほどの勢いだ。最大出力は252ps、最大トルクは370Nmとなっていて、従来型3.0TFSIはそれぞれが272ps、400Nmと肉迫。0-100㎞加速に関しては、従来型3.0TFSIが7.9秒に対して新型2.0TFSIが6.9秒と完全に上回っている。

確かに、踏み始めからズバっと元気のいいエンジンは2.0TFSIでもまったくストレスを感じない。

キャビンは最近のアウディにないくらいコンフォートな感じで、この辺でスポーティーなQ5やQ3など、弟分と性格をきっちり棲み分けている印象。

逆に弟が出来たことで、Q7は思う存分リッチな方向に性格を振られるようになったのかもしれない。

このボディサイズでも軽々と引っ張る頼りがいを感じる直4 2リッターターボエンジン

アウディ 新型Q7[2.0 TFSI quattro]

新型Q7には他のモデル同様、ドライブセレクトが用意されていて、オート、コンフォート、ダイナミック、そしてSUVらしくオールロード、オフロードまたはリフト/オフロードに設定が出来る。また、これはオプションのアダプティブエアサスペンションとも連動していて、乗り味を幾通りにも変えることが可能だ。

軽量化とパワフルさを手っ取り早く体感できるのは「ダイナミックモード」。ほんの少し、アクセルを踏み込んだだけでたやすくフワっ、スルっとトルクが膨らみ、文字通り押し出されるような加速を全身で受け止めることが出来る。直4の2リッターターボエンジンの猛々しい若々しさは、このボディサイズでも軽々と引っ張る頼りがいを感じた。

しかし、一般道ではややアクセル開度に対してトルクの盛り上がり方が繊細なので、ちょっと疲れてしまうかもしれない。

オーナーが最もお世話になるのは、デフォルトで設定される「オート」だと思うが、このアクセルの感じはかなりリニア。しかし、エアサスとの連動ではやや入力に対してブワブワふわふわする。

というわけで、個人的には「ダイナミックモード」のアシと、「オート」モードのアクセル開度をカスタマイズして「インディビデュアル」の欄に設定しておくことがベスト。

これも先述のセンタークラスター内の画面で設定できる。

アウディ Q7 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ Q7 の関連記事

アウディ Q7の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ Q7 の関連記事をもっと見る

アウディ Q7 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円