autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ Q5 2.0TFSI 試乗レポート/岡本幸一郎&藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2009/7/31 15:00

アウディ Q5 2.0TFSI 試乗レポート/岡本幸一郎&藤島知子(2/2)

関連: アウディ Q5 Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
アウディ Q5 2.0TFSI 試乗レポート/岡本幸一郎&藤島知子

スポーティなコックピットと、よく考慮されていて使いやすいラゲッジ/藤島知子

アウディ Q5 走行
アウディ Q5 シフトアウディ Q5 メーター

「趣味人として、家族で使えるクルマとして、所有する一台にコダワリをもちたい」とか、「後席がキチンと座れる個性的なプレミアムカーが欲しい」といったニーズにピッタリのクルマが、アウディQ5。

アウディらしい先進的なルックスは、都会を颯爽と駆け抜けるスタイリッシュなイメージを抱かせつつも、いっぽうでは山道をタフに走り切るオフローダーとしての側面をもつ、いわゆるクロスオーバーSUVのジャンルに属したクルマです。

そんな臨機応変さもさることながら、ユーティリティにおいてもそのメリットがしっかりと享受できる仕立てになっています。

アウディ Q5 フロントシート

Q5はクーペスタイルのアウディA5がベースとなりますが、4枚ドアで後席にしっかり座れることを考えれば、セダンのA4が背が高くなったかのような折り目正しさと、付き合いやすさを備えているのが特徴といえるでしょう。

スマートな走りを連想させるように、ドイツ車らしく適度に引き締まった座り心地をもつシートはホールド性に優れており、コックピットには手にしっくり馴染む本革巻きステアリングホイール、そのほかにも視認性の高いメーター類、アルミ調のメッキリングを多用するなど、その洗練されたムードはスポーティなイメージでコックピットという言葉が相応しいと感じます。

また、そこに天然素材のウッドパネルが組み合わせられることで先進性と高級感が見事に絡みあい、視覚的にも触感的にも上質感がみなぎる仕立てになっています。

乗降性については、ヒップポイントが高めでちょっと背伸びして乗り込むかたちとなるものの、ドアのステップ部分が広くて足下の引っかかりはなく、ルーフも高いので乗り降りしやすいのも嬉しいですね。

後席については、この手のクルマとしては珍しく100ミリの前後スライドができるうえに、背もたれは30度程度のリクライニングもできます。

また、SUVとしてレジャー向けの用途についても考慮されていて、荷物の積載性やシートアレンジができるメリットもあります。カーゴルームには4人分のゴルフバッグを横置きできるほか、後席の背もたれは40:20:40で3分割可倒式で臨機応変にアレンジできるようになっていて、リヤのハッチ側から壁面に配置されたレバーを引くと、女性でも簡単に倒せる構造になっています。

フラットな床面をもつラゲッジは、床下に深さ180ミリの防汚トレイが付いているので、海や山へ出かけたときに濡れたものを分けて収納しておくこともできるよう配慮されています。

アウディ Q5 リアシートアウディ Q5アウディ Q5 インパネ助手席側 ロゴアウディ Q5 ラゲッジアウディ Q5

アウディ Q5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ Q5 の関連記事

アウディ Q5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ Q5 の関連記事をもっと見る

アウディ Q5 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円