autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ Q5 2.0TFSI 試乗レポート/岡本幸一郎&藤島知子

試乗レポート 2009/7/31 15:00

アウディ Q5 2.0TFSI 試乗レポート/岡本幸一郎&藤島知子(1/2)

関連: アウディ Q5 Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
アウディ Q5 2.0TFSI 試乗レポート/岡本幸一郎&藤島知子

1.9トンの車体を2リッターで走らせる動力性能は立派/岡本幸一郎

アウディ Q5 走行
アウディ Q5と岡本幸一郎氏アウディ Q5を運転する岡本幸一郎氏

アウディのブランドバリューが、ごく短期間でここまで持ち上がったことには驚きを覚える。

そもそも良い商品なくして、こうなることはなかったはずだ。たしかに、最近のアウディ車に乗ると、どれもよくできていることに感心させられっぱなし。プレミアムコンパクトSUVで最後発のQ5だって、カテゴリー中でベストだと思う。

1.9トンに及ぼうかという車重で、重心も高いながらもQ5は運動神経バツグンだ。ハンドルを切ったときの反応は、SUVとは思えないほど機敏。驚くほどのステアリングレスポンスを持っている。

上級のV6搭載車に比べると、今回乗った2.0TFSIは明らかにノーズが軽く、より身のこなしが軽快だ。乗れば、アイポイントの高さ以外SUVであることを忘れてしまう。

アウディ Q5 フロント

また、Q5はルックスも好印象だ。たとえばX3の場合、兄貴分のX5のキャラが強いだけに、明らかに弟分というイメージが強いのに対し、Q5の場合、Q7の弟分というイメージがあまりないところもいい。あるいはA4アバントよりも買い得感のありそうなイメージもある。

このクルマは、下からのステップアップ組も、上からのダウンサイダーも、両方の期待に応える価値を持っていると思う。

クワトロシステムの恩恵は、条件が悪くなるほど価値を増すのだが、ドライの高速道路を安定して走り、ステアリング操作に対して、できるだけアンダーステアがなくニュートラルに反応して欲しいときに、40:60という前後駆動力配分が一役買っている。このクルマは、ステップアップに適する。

現状で改善を望みたい点、そして購入検討者が試乗時に確認すべきポイントは、Sトロニックだ。

走り出してしまえば、ダイレクト感ある走りや低燃費に貢献する「本領発揮」となるのだが、走り出しはどうしてもギクシャクしてしまう。

とくに2.0TFSIでは、クラッチの断続に過給機付きエンジンの低回転域での不安定さが加わって、ストップアンドゴーの多い市街地や、微妙なコントロールの求められる悪路、駐車時などでの細かい動きは苦手だ。

ただし、過給機付きとはいえ、わずか2Lのエンジンながら、車重が1.9トンにも及ぼうかというクルマを不満なく走らせる動力性能を備えているのは、立派というほかない。

内容のわりに価格がリーズナブルである点もQ5の強み。とくに2.0TFSIはそうだ。このクルマは、“使える”スペシャリティカーだと思う。

アウディ Q5 走行アウディ Q5 グリルアウディ Q5 テールランプアウディ Q5 フロントライトアウディ Q5 フロントアップ

アウディ Q5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ Q5 の関連記事

アウディ Q5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ Q5 の関連記事をもっと見る

アウディ Q5 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円