autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ A7スポーツバック 試乗レポート/大谷達也 2ページ目

試乗レポート 2011/6/14 13:23

アウディ A7スポーツバック 試乗レポート/大谷達也(2/4)

関連: アウディ A7スポーツバック Text: 大谷 達也 Photo: オートックワン編集部
アウディ A7スポーツバック 試乗レポート/大谷達也

高い省燃費性能と安全性はライバル社より先行している

アウディ A7スポーツバックAudi side assist

美しいデザインで定評のあるアウディだが、スタイリングとスペースユーティリティのバランスでもライバルをリードしているようだ。

アウディA7スポーツバックのもうひとつの“ウリ”、それは他のアウディ同様、数々のハイテク装備で安全性と省燃費性能を高めていることだろう。

たとえば、アウディ・プレセンスプラスと呼ばれる機能は、レーダー技術を用いて追突の可能性を検知し、必要とあらばドライバーに危険性を知らせたり、いよいよ追突が避けきれないとなったときには危険防止のためウィンドウやサンルーフを閉じ、シートベルトを強く締め上げて乗員を保護しようとする。

アウディ・サイドアシストは、やはりレーダー技術を用いて後方から迫りつつある車両を検出。

もしも、そのクルマと同じ車線に進路変更しようとしてウィンカーを点灯させると、ドアミラー内の警告灯が点滅してドライバーに危険を知らせる。

同様の技術はライバルメーカーも採用しているが、この種の安全技術でもアウディがトップグループに位置していることは覚えておいていいだろう。

アウディ A7スポーツバック

いっぽうの省燃費技術では、アウディはライバルメーカーをリードするポジションに立っている。

最近流行のダウンサイジング・コンセプト、つまりエンジン排気量を落とす代わりにターボチャージャーやスーパーチャージャーを付け、燃費と動力性能を高い次元で両立させる手法は、アウディというかアウディが属するフォルクスワーゲン・グループが世界に先駆けて提唱したもの。

現在では多くのメーカーがこれに追随しているが、先行するアウディは同じダウンサイジング・コンセプトでも第2世代、ものによっては第3世代にまで突入している。つまり、それだけ技術的に磨かれていると見ていい。

アウディ A7スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A7スポーツバック の関連記事

アウディ A7スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A7スポーツバック の関連記事をもっと見る

アウディ A7スポーツバック の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円