autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート V6を超える直4の実力に迫る!アウディ 新型A6 [2.0TFSIクワトロ] 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2015/9/20 10:45

V6を超える直4の実力に迫る!アウディ 新型A6 [2.0TFSIクワトロ] 試乗レポート(2/2)

関連: アウディ A6 Text: 桂 伸一 Photo: 茂呂幸正
V6を超える直4の実力に迫る!アウディ 新型A6 [2.0TFSIクワトロ] 試乗レポート

これが2リッターか!?と思わずにはいられない加速力と、車重を感じさせない軽快感

アウディ 新型A6アウディ 新型A6を試乗する桂氏

試乗は十勝スピードウエイ内でフル加速を確かめてから。

まずはアクセルを床まで踏み込むと、スルスルと流れるようにスタートする。車重は1,780kgあり、けして軽量ではないのだが“軽快”。

それは1速/50km/h、2速/90km/hと、ローギヤードなギヤ比設定による加速重視の設定も効く。6,800rpmのリミットまで引っ張ると3速/140km/hと今度は伸びに転じ、これが2リッターか!?という思いとともに車速をグングン伸ばす。

ボディにアルミを多用したA6は、肩から上に硬質感がある。それはまるで、ボサボサに伸びた髪の毛を切ってスッキリした頭部のような軽快感。従来もそうだったのかも知れないが、この新世代の2.0リッターTFSIエンジンに乗って改めて気がついた。

「S3」がいい、と書いたその訳は、まずコンパクトなサイズと、操作した事が遅れずそのままクルマの動きに反映される、まさに手足を動かすと同じ自然さでクルマが動くこと。それはスポーツキャラクター故に実現している事でもあるが、それに似た感覚がA6にもある。

上級サルーンとスポーツカー、両方の顔を持つA6はいかにもアウディらしい

アウディ 新型A6

従来からその感覚はあったのかも知れないが、改めてのハイスピードコーナリングでは、切り込んだ前輪に後輪が遅れなく追従し、曲がる姿勢を綺麗に決めてくれる。

だから安定しているし、安定感が伝わってくるからこそドライバーはさらにアクセルを踏み込める余裕を感じさせる。

前後に適切な駆動力配分を行う最新のクワトロ4WDシステムは、通常40:60の前後駆動配分から、滑りやすい路面状況などに応じて70:30~15:85まで電子制御が駆動配分をコントロールし、アンダーステアもオーバーステアなど皆無の素晴らしいバランス感覚でコーナーをクリアして行く。

そして一般公道の速度規制のなかでは、7速のオーバードライブで静かかつ滑らかな上級サルーンの印象が強く、一方でコーナーを見つけて早いステア操作を与えれば、途端にスポーツカーに変身する。その変わり身の早い、引き締まったアスリート感覚と、クワトロ4WDが生む全天候型の頼もしい安心感こそがアウディセダンの持ち味だ。

予防安全のシステムも、日進日歩で機能の充実が図られている。

アウディ 新型A6アウディ 新型A6アウディ 新型A6アウディ 新型A6アウディ 新型A6
アウディ 新型A6アウディ 新型A6アウディ 新型A6アウディ 新型A6アウディ 新型A6と桂氏
筆者: 桂 伸一

アウディ A6 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A6 の関連記事

アウディ A6の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A6 の関連記事をもっと見る

アウディ A6 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円