autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ A5カブリオレ 試乗レポート/松田秀士

試乗レポート 2009/9/7 12:00

アウディ A5カブリオレ 試乗レポート/松田秀士(1/3)

関連: アウディ A5カブリオレ Text: 松田 秀士 Photo: 原田淳
アウディ A5カブリオレ 試乗レポート/松田秀士

A5カブリオレがソフトトップである意義

アウディ A5カブリオレ 走行画像
アウディ A5カブリオレ 走行画像アウディ A5カブリオレに試乗する松田秀士氏

オープンカーの楽しさとは、空気を肌で感じ風を切って走ることのリアリティのほかに、オープンなのに外界の景色をバーチャルに感じることが出来ること、と私は考えている。

例えば、深夜の都心。温度と湿度の低い冬は最高のシチュエーションだ。例えば表参道を流せば、街路樹とビルの景色、そこにネオンサインが混じり、まるでスクリーンのように感じる。

手を伸ばせば現実なのに、見えないバリアの中から景色をバーチャルに感じる。この瞬間を体験するとオープンカーはやめられなくなる。

最近、地球温暖化によると思われる日本の気象変動はオープンカーに適しているのではないか?と思う。

アウディ A5カブリオレ フロントスタイリング

雨が降るときはまとまってガッツリ降り、降らないときは何日も降らない。

また、ゲリラ豪雨のような雨は短時間降っては青空がまた顔を出す。こんな最近の日本の気象には、短時間で開閉が可能なオープンカーが適している。特に、見るからに耐雨性に優れたメタルトップに注目が集まったのはいうまでもない。

しかし、メタルトップのデメリットは重いこと。しかもルーフという一番イナーシャ(慣性)の影響を受ける部位のメタル化は走行性能に大きな影響を与えるのだ。

だから、改めて今軽量なソフトトップの意義が問われるのではないだろうか。ソフトトップならではの閉じたときのレトロ感が嬉しいし、最近のソフトトップは耐雨性や静粛性も進化している。そう考えるとアウディA5カブリオレの価値観は高い。

アウディ A5カブリオレ フロントスタイリングアウディ A5カブリオレ リアスタイリングアウディ A5カブリオレ リアスタイリングアウディ A5カブリオレ リアエンブレムアウディ A5カブリオレ ヘッドライト

アウディ A5カブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A5カブリオレ の関連記事

アウディ A5カブリオレの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A5カブリオレ の関連記事をもっと見る

アウディ A5カブリオレ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円