autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “半自動運転”とも呼べる新機能も搭載した「アウディ 新型A4」発売【徹底解説】

新型車解説 2016/2/16 15:47

“半自動運転”とも呼べる新機能も搭載した「アウディ 新型A4」発売【徹底解説】(1/2)

関連: アウディ A4 Text: 山本 シンヤ Photo: アウディジャパン株式会社
“半自動運転”とも呼べる新機能も搭載した「アウディ 新型A4」発売【徹底解説】

満を持して登場したアウディ 新型A4が、いよいよ日本でも販売開始!

プレミアムDセグメントのセダン/ステーションワゴンは、どのメーカーも4番バッターを取り揃えている。「メルセデス・ベンツ Cクラス」や「BMW 3シリーズ」などの王道はもちろん、新興勢力も着実に力を付けてきている。

アウディ A4 Sedan 発表会にて

そんななか、世界で1,200万台を販売するベストセラーながら、現行モデルのデビューが2007年とモデル末期であったために辛い思いをしてきたのが「アウディ A4」である。

だが、A4は満を持してフランクフルトショーで新型がデビュー後、僅かなタイムラグで日本へも導入されて2016年2月19日より正式に販売が開始される。

エクステリアはキープコンセプトながら、質感の高さに注目

アウディ A4 Sedan 発表会にて

新型A4のエクステリアは完全なるキープコンセプトだが、フロント周りを中心に最新のデザイン要素が採用されている。先代モデルよりも若干ボディサイズがアップしているが、サイズアップ分は伸びやかでスタイリッシュなデザインに当てられている。

ここ最近のアウディは若干アクの強さがあったが、新型は精緻でクリーンなアウディらしさが戻ったような気がしている。アウディの十八番の一つであるエアロダイナミクスも徹底しており、Cd値はクラストップとなる0.23を実現。

また、先代でも評価の高かったボディパネルの隙間やチリの合わせと言ったような質感の部分も、量産モデルと言う意味では日本のメーカーも舌を巻くほどの精度の高さを誇るのもポイントだ。これに関しては、上級のA6を超える部分も!

アウディ A4 Sedan TFSI quattroアウディ A4 Sedan TFSI quattroアウディ A4 Sedan TFSI quattroアウディ A4 Sedan TFSI quattroアウディ A4 Sedan TFSI quattro

インテリアは室内空間の拡大に加えて、MMIなどインターフェイスも刷新

アウディ A4 Sedan
アウディ A4 Sedanアウディ A4 Sedan

インテリアは、ボディサイズ拡大により室内空間がアップ。

水平基調で端正にまとめられたインパネ周りや、左右非対称のセンターコンソールなどにより操作系を刷新。多くの操作は操作方法が全面的に新しくなった「MMI(マルチ・メディア・インターフェイス)」でコントロールするため、スイッチ数も大きく減らされ、かなり未来的な印象を受ける。

ちなみに、新型TTで話題となった高輝度液晶モニターを用いたフルデジタルの多機能ディスプレイシステム「アウディバーチャルコクピット」はオプション設定となっている。

アウディ A4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A4 の関連記事

アウディ A4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A4 の関連記事をもっと見る

アウディ A4 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円