autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート アウディ エコドライビング体験レポート 2ページ目

イベントレポート 2009/11/17 09:00

アウディ エコドライビング体験レポート(2/5)

関連: アウディ A3スポーツバック Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
アウディ エコドライビング体験レポート

道中で「A3スポーツバック 1.4TFSI」の実燃費を測定

アウディ エコドライビング
アウディ エコドライビングアウディ エコドライビング

朝8時、昨年オープンしたアウディ豊洲で今回我々と一日を共にするA3 スポーツバックと対面。

栃木県のGKNテストコースを目指し、走り出す。しばらく都内の一般道を走り首都高へ。行きはあえてあまり燃費を意識せず、ふだんやっているとおりに運転。

といっても、普段から比較的エコドライブが染み付いているので、それほど燃費は悪くないと思いつつ・・・。

短い距離だが、一般道での平均燃費は10km/Lをわずかに下回るような感じ。朝の時間帯とあって、首都高はけっこう混んでいる。そして東北道に乗り、朝の通勤で比較的クルマが多い流れの中、100km/h巡航で栃木ICを目指す。

東北道を下りるまでの間、平均燃費はMAXで14.8km/Lをマーク。良い数字だと思う。

アウディ エコドライビング

しばらく一般道を走行して、GKNテストコースに到着。ブリーフィングでは、環境への総合的な話や、アウディの取り組みが伝えられた。

主な話題としては、CO2は快適になる程増えて太陽の熱を吸収することから、地球温暖化を引き起こす要因となっていること。

それを抑えるために、日常生活においてもエアコンの設定温度を下げること、待機電力をストップすること、日本のCO2の総排出量の20%は自動車で、そのうち50%が乗用車であることなどが伝えられた。

それに対しアウディでは、FSI技術により完全燃焼を図り、ガソリンを効率よく使うこと、駆動力をよりロスなく伝えるSトロニックの採用などにいちはやく着手。さらに近年、過給機を組み合わせながら、エンジンダウンサイジングを積極的に進めている。

たとえばA3スポーツバックのエントリーモデルは、従来は1.6Lの自然吸気エンジンだったところ、1.4L直噴ターボとされた。これにより燃費は30%向上、CO2は23%低減させることに成功している。

出力も向上しており、トルクはほぼ1.35倍となり、しかもそれを1500rpmという低回転から引き出しているのだ。

その他、ASFによる軽量化やエアロダイナミクスの追求、消費電力だけでなく、視認性や耐久性にも優れるLEDの積極採用、インゴルシュタットの工場では、雨水を溜めて車両生産などに使う水の消費量を69%減らしたことなどが伝えられた。

さらに、アウディの考えるエコドライビングは、あくまでSafty>Ecologyであり、エコドライビングとスポーツドライブは同じベクトルで捉えていることが伝えられた。

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A3スポーツバック の関連記事

アウディ A3スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A3スポーツバック の関連記事をもっと見る

アウディ A3スポーツバック の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円