autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 高いモーター性能が抜群の加速力を生み出す!アウディ初の市販PHVモデル『A3スポーツバックe-tron』試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2015/11/5 10:29

高いモーター性能が抜群の加速力を生み出す!アウディ初の市販PHVモデル『A3スポーツバックe-tron』試乗レポート(2/2)

関連: アウディ A3スポーツバック Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 古閑章郎
高いモーター性能が抜群の加速力を生み出す!アウディ初の市販PHVモデル『A3スポーツバックe-tron』試乗レポート

高いモーター性能が生み出す、抜群の加速力

Audi A3 Sportback e-tron

動力性能はかなり力強い。モーターは反応が素早いから、アクセルペダルを踏み込んだ瞬間に2.5リッタークラスの加速力を発揮する印象だ。

出力の立ち上がり方は低回転域で高いトルクを発生するディーゼルに似ているが、e-tronはほとんど無音だから優れた性能がさらに際立つ。

HV(ハイブリッド)システムの構成は、最前部に1.4リッターのターボを装着したエンジンがあり、その後部にクラッチ、続いてモーター、クラッチ/ギヤボックスとなる。日産のHVに似た方式だ。

トランスミッションはSトロニックで、ツインクラッチを備えた有段式ATだから、エンジンとモーターの間にあるクラッチも加えると「3クラッチ」という数え方もできるだろう。

Audi A3 Sportback e-tron

なのでモーター駆動の状態でも6速ATが機能するから、メリハリのある運転が可能になった。

モーターの性能が高いので、相当な加速力を発生させても、エンジンが支援のために始動する機会はほとんどない。そこでスポーティな運転を想定してアクセルペダルを深く踏み込むと、運転状態を示すパワーメーターがブースト領域に入ってエンジンが始動した。この時の加速感はかなりダイナミックだ。

走行安定性はアウディ「A3」のノーマルグレードに準じる。車両重量は1570kgだから、PHV化によって約250kgは重くなったが、不自然な印象はない。リチウムイオン電池を後席の下に搭載して低重心化を図り、重量増加に伴う悪影響を抑えた。

乗り心地はおおむね快適だが、試乗車にはSラインパッケージが装着され、タイヤサイズは標準装着の17インチではなく18インチであった(225/40R18・コンチネンタルスポーツコンタクト)。なので乗り心地は少し硬く、道路上のデコボコを伝えやすい面もあったが、粗さや突き上げ感は生じない。購入する時には17/18インチタイヤを乗り比べると良いだろう。

是非ともセダンにもe-tronを設定して欲しい

Audi A3 Sportback e-tron

それにしてもA3スポーツバックe-tronの静かさは、アウディのブランドイメージにピッタリと合っている。オーディオを聴くのにも適した環境だから、オプションのバング&オルフセン・サウンドシステムを装着したいところだ。

また現状ではe-tronを用意しているのはA3スポーツバックのみだが、「A3セダン」にこそラインアップして欲しい。適度なサイズのボディで上質な運転感覚を味わいたいユーザーの中には、セダンスタイルを好む方も少なからず存在する。

Audi A3 Sportback e-tron

A3スポーツバックe-tronの価格は564万円。経済産業省による補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)の61万円を差し引いて503万円だ。A3スポーツバック1.4TFSIシリンダー・オン・デマンド(356万円)と比べて147万円の価格アップだが、A3スポーツバックe-tronにはMMIナビなどが標準装着されるから、実質的な価格差は100万円くらいだろう。それでも価格差を走行コストの差額で取り戻すことは難しいが、前述の上質な乗り味という価値が得られる。

例えていえば、キレイな奥様がバイオリンコンチェルトなどを車内に流しながら、後席のジュニアシートに座るお嬢様をバイオリン教室まで送り届ける。このような光景を思い浮かべるクルマであった。まぁ、私には無縁のカーライフですけどね…。

[Text:渡辺陽一郎 Photo:古閑章郎]

Audi A3 Sportback e-tron 主要諸元

全長x全幅x全高:4330x1785x1465mm/ホイールベース:2635mm/車両重量:1570kg/乗車定員:5名/駆動方式:前輪駆動/エンジン種類:直列4気筒 DOHC インタークーラー付ターボ/総排気量:1394cc/エンジン最高出力:150ps(110kW)/5000-6000rpm/エンジン最大トルク:25.5kgf-m(250N・m)/1500-3500rpm/駆動用バッテリー:リチウムイオン電池(3.67V/8.7kWh)/ハイブリッド燃料消費率:23.3km/L[JC08モード燃費]/充電電力使用時走行距離(プラグインレンジ):52.8km/電力消費率:6.84km/kWh/タイヤサイズ:225/45R17

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A3スポーツバック の関連記事

アウディ A3スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A3スポーツバック の関連記事をもっと見る

アウディ A3スポーツバック の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円