autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ 新型 A3スポーツバック 試乗レポート/飯田裕子 3ページ目

試乗レポート 2013/10/28 10:10

アウディ 新型 A3スポーツバック 試乗レポート/飯田裕子(3/3)

関連: アウディ A3スポーツバック Text: 飯田 裕子 Photo: オートックワン編集部
アウディ 新型 A3スポーツバック 試乗レポート/飯田裕子

このボディサイズにして、この豊かなトルク感!

アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」[ボディカラー:ダコタグレーメタリック]試乗レポート/飯田裕子 3

いっぽう、新型A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」には6速Sトロニックを組み合わせ、クワトロとともに180ps/28.6kgmを自在に操ることができる。街中での発進のスマートさは「1.4 TFSI」と変わらないが、アクセルを強く踏み込んだ際の元気の良さは「このボディサイズにしてこのトルク…」が味を占めるほど気持ちいい。

スポーツサスペンションを採用するこちらは、前述の1.4 TFSIと比べれば少々乗り味は硬めだが、どのシートに座っても不快な類ではない。そんなサスペンションと重厚な剛性感を保つクワトロシステムとともにスポーティなドライブを楽しめるのが、1.8 TFSI quattroの魅力だ。

これ1台で街中から郊外、ロングドライブ、そしてワインディングまで満喫!

アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」[ボディカラー:ダコタグレーメタリック]試乗レポート/飯田裕子 4アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」 MMI(マルチメディアインターフェイス)

またこのモデルにはドライブセレクトが採用されており、燃費効率重視の“効率”モード、コンフォート、ダイナミック、オート、インディビジュアルを選ぶことができる。

効率モードではアクセルから足を離すとクラッチがエンジンと切り離されるコースティングモードへと切り替わる。走りを楽しむ場面、エコドライブを意識する場面…とドライブをセレクトできるのだ。コンパクトなA3でも街中やロングドライブ、郊外のワインディングなど走行シーンに合わせてドライブモードが選べるのは、アウディらしい付加価値と言えるのでは?

今時の安全装備としては、アダプティブクルーズコントロール(アウディ ブレーキガード機能付き)がオプション装備という点が「小さな高級車」としては惜しい。

日本初の機能が満載なインフォテイメントシステム「Audi Connect」(アウディ コネクト)

アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」 MMI(マルチメディアインターフェイス) 「Audi connect(アウディコネクト)」アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」[インテリアカラー:ブラック] MMI(マルチメディアインターフェース)

そして今回は新開発されたインフォテイメントシステム「Audi Connect」(アウディ コネクト)にも触れておきたい。アウディコネクトは人とクルマ、クルマと情報を繋ぐネットワークということで、日本初のWi-Fi機能を搭載するモデルだ。クルマの中で最大8台までのモバイルデバイスを接続できクルマにルーターを装備しているようなもの。そこでPOIのネット検索やナビゲーションシステムにグーグルの画像やストリートビューの表示もできる。基本メニューにはニュースや天気、駐車場や近隣空港の検索、フライトインフォメーションやガソリンスタンドの距離順位や価格順などの情報を得ることも可能になる。

アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」 MMI(マルチメディアインターフェイス) 「Audi connect(アウディコネクト)」アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」 MMI(マルチメディアインターフェイス) 「Audi connect(アウディコネクト)」アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」 MMI(マルチメディアインターフェイス) 「Audi connect(アウディコネクト)」アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」 MMI(マルチメディアインターフェイス) 「Audi connect(アウディコネクト)」アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」 MMI(マルチメディアインターフェイス) 「Audi connect(アウディコネクト)」

外部と「繋がって」いることが出来る頼もしさは、プラス30万円の価値あり

アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」[インテリアカラー:ブラック] インテリア・運転席周りアウディ 新型 A3スポーツバックの試乗レポートを届けてくれた自動車ライターの飯田裕子サン

7インチのカラーディスプレイに表示されるこれらのメニューを車内で見る新鮮さと便利さ、さらにオーナーのなかには「これで移動中も仕事ができてしまう…?」という複雑な心境を味わうのも新型A3らしさと言うべきではない。またアウディがこれまでも採用してきたMMI(Multi Media Interface)の進化版は、最上級の「A8」から新採用する、なんていう車種や車格にこだわらず出し惜しみせず、最新の機能を最新のモデルから…というコンセプトもアウディらしい。かつての“小さな高級車”として登場するA3の大きな付加価値にもなっている。

ただし、このシステムはオプション装備となり価格は+30万円。 ナビゲーションシステムにインターネット機能も装備されるアウディコネクトの価格は決して安くはないが、新型A3スポーツバックらしさを“より新しさと便利さ”とともに味わうなら、新開発のアウディコネクトを選ぶべきだと思う。インテリアの見栄えも違えば、移動中や移動先でのスマートさも違う。

運転席に座るドライバーが、A3スポーツバックの室内で外部とコネクト=繋がっていることの安心感と頼もしさは、想像しただけで魅力的だと思うのだ。

[レポート:飯田裕子]

アウディ 新型 A3スポーツバック「1.4 TFSI」[ボディカラー:ブリリアントレッド] エクステリア・フロントグリルアウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」[ボディカラー:ダコタグレーメタリック] 225/45R17タイヤ+17インチ 5アームキネティックデザイン アルミホイールアウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」[ボディカラー:ダコタグレーメタリック] エクステリア・リアクオーター・リアコンビランプ部アウディ 新型 A3スポーツバック「1.4 TFSI」[ボディカラー:ブリリアントレッド] 試乗レポート/飯田裕子 4アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」[ボディカラー:ダコタグレーメタリック]試乗レポート/飯田裕子 2

Audi New A3 Sportback「1.8 TFSI quattro」[4WD] 主要諸元

アウディ 新型 A3スポーツバック「1.8 TFSI quattro」[ボディカラー:ダコタグレーメタリック]

全長x全幅x全高:4325x1785x1435mm(MMIナビゲーション装着車の全高は1450mm)/ホイールベース:2635mm/車両重量:1460kg/乗車定員:5名/駆動方式:クワトロ(フルタイム4WD)/エンジン種類:直4 DOHC インタークーラー付ターボ 直噴ガソリンエンジン/総排気量:1798cc/最高出力:180ps(132kW)/4500-6200rpm/最大トルク:28.6kg-m(280N・m)/1350-4500rpm/トランスミッション:6速 Sトロニックトランスミッション/燃料消費率:14.8km/L[JC08モード]/タイヤサイズ:225/45R17/車両本体価格:393.0万円[消費税込み]

筆者: 飯田 裕子

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A3スポーツバック の関連記事

アウディ A3スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A3スポーツバック の関連記事をもっと見る

アウディ A3スポーツバック の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円