autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ A1 スポーツバック 試乗レポート/渡辺陽一郎 3ページ目

試乗レポート 2012/6/7 20:23

アウディ A1 スポーツバック 試乗レポート/渡辺陽一郎(3/3)

関連: アウディ A1 , アウディ A1スポーツバック Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
アウディ A1 スポーツバック 試乗レポート/渡辺陽一郎

十分な動力性能、しかも低燃費で、エコカー減税・補助金にも対応

アウディ A1 スポーツバック 試乗9アウディ A1 スポーツバック 7速Sトロニックトランスミッション

次はいよいよ実際に試乗して、アウディ A1スポーツバックの運転感覚をチェックしたい。

動力性能は十分なレベルに達している。1.4リッターのターボを装着したエンジンは、前述のように1500回転から最大トルクを発揮。7速のSトロニックトランスミッションも備わるので、幅広い速度域で加速性能に余裕がある

気になる燃費の低減技術として、アウディ A1スポーツバックはアイドリングストップを採用している。日本車と違ってハンドルを動かすと再始動する機能はない。違和感を抱くこともあるだろうが、「ハンドルは車両を動かしながら回す」のが、クルマに負担を与えない運転の基本だ。この点を踏まえれば、必ずしも欠点とはいえない。

むしろ気になったのは再始動時の振動。「ブルルンッ」と身震いする感覚がある。低価格車なら仕方ないともいえるが、プレミアムなアウディとしては少し気になる。再始動に要する時間自体は短く抑えられ、発進はスムーズに行えるので念のため。

JC08モード燃費は17.8km/L。ほぼ同等の動力性能を発揮する「マツダ アクセラ 20C スカイアクティブ」が17.2km/Lだから、燃費効率はかなり高い。輸入車ではまだまだ少ない「エコカー減税」と「補助金」の対象にもなっている。

国産小型車しか乗ったことがない女性にこそ乗って頂きたい

アウディ A1 スポーツバック バイキセノンヘッドライトはオプションアウディ A1 スポーツバック 標準装着の7アームデザインアルミホイール/205/55R15タイヤ

乗り心地は街中では硬めに感じる。試乗車に装着されていたタイヤは、15インチサイズのダンロップSPスポーツ・ファーストレスポンス(205/55R15)。試乗車はスポーツパッケージ(オプション)を装着しないノーマルタイプだったが、ならばもう少し柔軟でも良いと感じた。ただし時速50~60km以上の速度域になると、快適な印象に変わる。

操舵感はアウディらしく、小さな舵角から正確に反応するタイプ。日本のコンパクトカーに比べると操舵力は少し重いが、直進安定性が良く、硬めの乗り心地と相まって安心して走れる。軽や国産コンパクトカーにしか乗ったことがない女性ユーザーでも、むしろこちらのほうが「運転しやすい」と感じるはずだ。

走行安定性も良好。サスペンションの形式はフロント側がストラットの独立式、リヤ側はトーションビームによる車軸式とオーソドックスだが、後輪の接地性を十分に確保した上で、確実に回り込む。全高を1440mmに抑えたことで重心も下がり、日本のコンパクトカーとはひと味違う、安定感のある走りを楽しめる

渡辺さん、ホンキで悩む・・・!?

「Audi A1 Sportback」に試乗し、その魅力に筆者の渡辺陽一郎さんも琴線に触れたという。

以上のようにアウディA1スポーツバックは、外観をオシャレに仕上げたコンパクトカーでありながら、本質的には高速道路や峠道を含んだ長距離移動に適したクルマといえそうだ。ただし前述のように居住性はフロントシートが中心だから、遠方まで出かけるなら2名以内の乗車か、リア側にチャイルドシートを装着する使い方。大人4名で乗車するなら短距離の移動が対象になる。

車両価格は293万円。3ドアのA1に比べると20万円高い。アドバンストキーシステムとリア側のカップホルダーが加わるが、できれば15万円程度の価格上昇に抑えたいところだった。また上位モデルの「アウディ A3 スポーツバック」との価格差も気になる。A3スポーツバックはモデル末期に当たるものの、ひとまわり大きなボディでリアシートの居住性にも優れ、1.4リッター ターボの1.4TFSIエンジン搭載モデルを308万円に設定しているからだ。

いずれ現れるであろう次期型のA3スポーツバックが価格を据え置くと仮定すれば、A1とA1スポーツバックは、少なくとも15万円は値下げしたいところ。A3スポーツバックはリア側のサスペンションが独立式になるなど、プラットフォームの素性が異なり、4WDのクワトロも選択できる。A1スポーツバックには、相応の安さが求められると思う。

いろいろと感じるところはあるが、とはいえ個人的にA1スポーツバックは琴線に触れるクルマだった。筆者は都内の自宅でフォルクスワーゲン・ポロを所有しており、全幅が60mm拡幅されるものの、やはりこのくらいのサイズが街乗りでちょうど良いと感じる。しかも、動力性能、走行安定性、内外装の質感はA1スポーツバックが明らかに高く、「羨ましい」と思わせる。試乗車のボディカラー(下側がシラーズレッド/ルーフがアイスシルバー)のツートンカラーも渋くて魅力的だ。

この際、A1スポーツバックを買って、日頃のダサイ服装も一新しようか。でもやっぱり自分のセンスまで変えるのは無理な相談かな…。

こんな思いを巡らせるクルマに出会える機会は、意外に少ない。

アウディ A1 スポーツバック 試乗1アウディ A1 スポーツバック 2台並びアウディ A1 スポーツバック 試乗2アウディ A1 スポーツバック 試乗5アウディ A1 スポーツバック[ボディカラー:シラーズレッドメタリック/アイスシルバーメタリック(コントラストルーフカラー)] リア・外観

アウディ A1 関連ページ

アウディ A1スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A1 の関連記事

アウディ A1の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A1 の関連記事をもっと見る

アウディ A1 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円