autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ A1 スポーツバック 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/6/7 20:23

アウディ A1 スポーツバック 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: アウディ A1 , アウディ A1スポーツバック Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
アウディ A1 スポーツバック 試乗レポート/渡辺陽一郎

ああ悩ましい! 多彩過ぎるオプションリストを用意

アウディ A1 スポーツバック[シートカラー:チタニウムグレー/本革(ミラノ)(オプション)] インテリア
アウディ A1 スポーツバック 「MMI(マルチメディアインターフェイス) 3G Plus」6.5インチ格納式TFTカラーディスプレイ+HDDナビゲーションシステムアウディ A1 スポーツバック BOSEサラウンドサウンドシステム(LEDインテリアライトパッケージとセットオプション)

アウディ A1スポーツバックのグレードは、3ドアのA1と同じく1タイプのみだが、複数のパッケージオプションが設定される。本革シートを備えた「レザーパッケージ」、スポーツタイプのサスペンション/シート/16インチタイヤなどを備えた「スポーツパッケージ」を始め、HDDナビなどをセットした「MMI 3G Plus」、「BOSEサラウンドサウンドシステム」など、好みや嗜好に応じて多彩な選択が可能なのは、コンパクトカーとはいえさすがにプレミアムカー。このあたりの考え方は、ライバルのMINIと近いものを感じる。

外装色では、A1と同様、ツートーンのカラーを幅広く選べることが魅力だ。A1ではピラー(ルーフを支える柱)とルーフの側面部分のみを色分けするが、A1スポーツバックでは、ピラーとルーフを含めたボディの上側全体が色分けされる。

大半の組み合わせでルーフはシルバーになるが、ボディの下側がミラノレッドとシルバーの場合はルーフがブラック、下側がホワイトならルーフをグレーにするなど、配色にもこだわりが見られる。アウディ A1スポーツバックを買うなら、ボディカラーの選択は実に悩ましいところだろう。

内装のデザインも基本はA1と同じ。インパネにはソフトパッドとメッキ処理が多用され、ボディは小さくてもアウディの質感を備える。水平基調の配置で、左下のエアコンスイッチも操作がしやすい。メーターは大径で視認性は良好だ。オプション設定となるHDDナビのモニター画面は、格納式でインパネの上部からせり上がる。

室内スペースはミニマムだが、十分に実用にも耐えうる

アウディ A1 スポーツバック[シートカラー:チタニウムグレー/本革(ミラノ)(オプション)] 運転席・コックピット周り
アウディ A1 スポーツバック[シートカラー:チタニウムグレー/本革(ミラノ)(オプション)] リアシートアウディ A1 スポーツバック[シートカラー:チタニウムグレー/本革(ミラノ)(オプション)] フロントシート(スタンダードシート)

フロントシートはサイズを十分に確保し、オプションのスポーツシートでなくとも十分に乗員を包み込む。全高が1440mmと低いから、座面を上下させるリフターで着座位置を上げ過ぎると、頭上の空間が不足し視野の上部にサンバイザーが入り込むので注意。しかし調整幅は大きいから、運転姿勢自体に無理は生じないし、大柄な男性から小柄な女性まで対応する。

リアシートは、3ドアに比べて頭上に余裕を持たせたが、身長170cmの乗員が座ると、天井との間隔は手のひらが収まる程度だ。小柄で背の低い5ドアハッチバックとあって、余裕があるとはいい難い。着座位置も低めで膝が持ち上がり、身長170cmの大人4名が乗車すれば、リアシートに座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ半。このあたりはフォルクスワーゲンのポロと同様でちょっと狭めだ。

それでも、座面の前方を持ち上げたから大腿部が離れにくく、フロントシートの下に足が収まる。全長わずか4m以内という厳しい制約の中でも、居住性の向上を図っている点は評価したい。欲を言えばもう少し座面を柔軟に仕上げ、バックレストを若干寝かせると、後席の快適性ももう少し向上するだろう。

ともあれ空間はミニマムだが、夫婦+小さい子供1人か2人くらいの若いファミリー、例えば後席にチャイルドシートを取り付け夫婦は前席へ、後席はたまに祖父・祖母が・・・というくらいの使い方なら、これで十分に実用にも耐えうるだろう。

プレミアムブランドが「プレミアム」である理由

アウディ A1 スポーツバック テールゲート開閉時でもランプが点灯し安全に備えるアウディ A1 スポーツバック リア・ハッチゲート

細かな点ながら注目させられたのは、リアゲートを開いた時のためのテールランプが装着されていたこと。

一般的にはテールランプを2分割して、ターン/ハザードランプの部分は持ち上がらないが、A1スポーツバックは、テールランプに切れ目のないスッキリしたリアビューを大切にしたのだろう。テールランプ全体がリヤゲートと一緒に持ち上がり、内側に装着されたハザードランプが車両後方の注意を促す凝った造りとした。

このようにアウディ A1スポーツバックは、デザインに対するこだわりが徹底している。ひとつひとつは些細なことだが、こうしたことの積み重ねこそが、プレミアムブランドの「プレミアム」たる所以だろう。

アウディ A1 関連ページ

アウディ A1スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A1 の関連記事

アウディ A1の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A1 の関連記事をもっと見る

アウディ A1 の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円