autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 2770万円の限定モデルだがすでに完売!?ブランド至上最も過激なアストンマーティン「ヴァンテージGT8」試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/6/16 18:56

2770万円の限定モデルだがすでに完売!?ブランド至上最も過激なアストンマーティン「ヴァンテージGT8」試乗レポート(2/2)

関連: アストンマーティン ヴァンテージGT12 , アストンマーティン ヴァンテージ Text: ピーター ライオン Photo: アストンマーティン
2770万円の限定モデルだがすでに完売!?ブランド至上最も過激なアストンマーティン「ヴァンテージGT8」試乗レポート

スムーズにより素早くギアチェンジができる6速MT

2016年型V8 ヴァンテージのGTEレースカーにインスパイアされたこのGT8は、車重は軽く、力強く、効き目抜群のダウンフォースを誇る。

エンジンは、アストンが自信を持つ4.7リッターV8の440馬力。以前のV8 ヴァンテージSよりも10馬力アップしており、0−100m加速は4.4秒、7500回転のレッドラインまで踏み込むと、1速で時速80km/h、2速で時速125km/h、3速で時速170km/hに到達。最高速は時速305km/hと言われている。特に3500~6500回転でのトルク感は非常に太くて、アクセルフィールがどこまでも伸びる感じでとても気持ちがいい。

組み合わされるトランスミッションは、6速MTと7速ATがあるが、お薦めしたいのは6速MTだ。 シンクロがよりスムーズで、全開で走っていても、より素早く正確なギアチェンジができてとても快適だ。

ねらったラインを舐めるようにトレース

しかし、それよりもっと感心したのはステアリングだ。

パワーステアリングとステアリングギア比を若干調整したおかげで、ステアリングレスポンスと、手応えは一流のスーパーカーと変わらない。

コーナリングフィールは、ほぼ完璧だと言える。高速コーナーに入った時に、フロントがスッと入り、リアがピタッとついてくるので、ねらったラインを舐めるようにトレースしてくれる。

ただ、タイヤは非常に太い19インチのPILOT SPORT CUP 2なので、低速では少しアンダーステア気味になっている。

車重は1510kg。フロントバンパー、リアバンパー、サイドシル、リアデフューザー、フロントスプリッター、ルーフ、リアウィングなどにカーボンファイバーを存分に使った。エキゾーストパイプはチタン製だ。これらの結果、ヴァンテージSより100kgも軽くなっていて、ハンドリングもよくなった。

このクルマは150台限定で、価格は16万ポンド(27,700,000円)。残念ながらすでにほとんど完売らしい。だが、次の007シリーズではジェームズ・ボンドにDB10というコンセプトモデルではなく、ぜひこのGT8に乗って敵を倒してもらいたい。

[レポート:ピーター・ライオン/Photo:アストンマーティン]

アストンマーティン ヴァンテージGT12 関連ページ

アストンマーティン ヴァンテージ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン ヴァンテージGT12 の関連記事

アストンマーティン ヴァンテージGT12の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン ヴァンテージGT12 の関連記事をもっと見る

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,380万円2,591.6万円

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,445万円

  • アストンマーティン
    DB9

    新車価格

    2,391.4万円2,822.4万円