autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 2770万円の限定モデルだがすでに完売!?ブランド至上最も過激なアストンマーティン「ヴァンテージGT8」試乗レポート

試乗レポート 2016/6/16 18:56

2770万円の限定モデルだがすでに完売!?ブランド至上最も過激なアストンマーティン「ヴァンテージGT8」試乗レポート(1/2)

2770万円の限定モデルだがすでに完売!?ブランド至上最も過激なアストンマーティン「ヴァンテージGT8」試乗レポート

 次のボンドカーにはヴァンテージGT8を!

もし英国の諜報機関であるMI6の開発トップQが、次の作戦用にGT8を007に与えるつもりなら、その過激すぎるエキゾーストノートは大幅にトーンダウンさせなくてはならないだろう。

なぜなら腹の底から唸るように低い大音量なので、ひっそり遂行するべき任務も水の泡になってしまうから。

なにせV8のヴァンテージは、アストンマーティン史上もっとも迫力のあるサウンドに、最速でもっとも過激なスタイリングをもつ。

荒れ狂うライオンのように吠えるサウンド

先月、ドイツのニュルブルクリンクサーキット付近で、GT8 プロトタイプの限界走行をテストするチャンスを得た。

これまでのV8だって十分爆音だと思うだろうが、GT8の咆哮はレベルが違う。

この150台限定生産のヴァンテージは、どのギアでも7500回転までまわすと、首の骨が折れそうなスピードで疾走しながら、ワーグナーの「ワルキューレ」(楽劇“ニーベルングの指輪”)にも負けない大音響を発する。

4000回転を超えた時、 マフラーのバルブが開いてエキゾーストノートが格段に大きくなる。

正直に言うと、荒れ狂うライオンのように吠えるこのサウンドはさすがにやり過ぎだ。国によっては許可できるデシベル数を超えてしまうだろう。

しかし、アストンマーティンもそれは理解しており、もちろん市販車では調整を加えると共に、現実的にトーンダウンすると同社の広報部は言っている。

アストンマーティン ヴァンテージGT12 関連ページ

アストンマーティン ヴァンテージ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン ヴァンテージGT12 の関連記事

アストンマーティン ヴァンテージGT12の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン ヴァンテージGT12 の関連記事をもっと見る

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,380万円2,591.6万円

  • アストンマーティン
    DB9

    新車価格

    2,391.4万円2,822.4万円

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,445万円