autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 8千万円超の「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート」日本でも2台の購入者が!【国内初披露】

新型車リリース速報 2016/8/2 20:57

8千万円超の「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート」日本でも2台の購入者が!【国内初披露】

8千万円超の「アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート」日本でも2台の購入者が!【国内初披露】

「ヴァンキッシュ ザガート」「ヴァンテージ GT8」日本初公開!

アストンマーティンは、ザガートとのコラボレーションによって生まれた99台限定の「ヴァンキッシュ ザガートクーペ」のコンセプトモデル、および150台限定の「ヴァンテージ GT8」の2車種の新型モデルを日本で初公開した。

価格は、ヴァンキッシュ ザガートクーペが「8510万円」、ヴァンテージ GT8は6速MTが「2770万円」、7速スポーツシフトが「2827万2400円」となっている。

アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプト

ヴァンキッシュ ザガートクーペは、限定99台全てがすでに完売しており、日本へは2台が納入される予定。また、ヴァンテージ GT8の日本の割り当ては4台となっているが、こちらも全台数が現在商談中とのことで、こちらも早々に完売となりそうだ。

ヴァンキッシュ ザガート(Vanquish Zagato)

アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプト

ヴァンキッシュ ザガートクーペに搭載される6.0リッターV12パワートレインは、最高出力が600PSに引き上げられ、0~60mph(約97km/h)をわずか3.5秒で加速する。

生産モデルのヴァンキッシュ ザガートのデザインは、ヴィラ・デステで展示されたコンセプトモデルと非常に良く似ている。そのプロポーションは、典型的なアストンマーティンそのもの。新しいボディワークは、すべてがカーボンファイバーで製作され、大きな1ピースパネルを使うことによって、ボディパネルの継ぎ目に現れるスプリット・ラインを大幅に削減している。

その他のデザインの特徴としては、伝統的なザガートリヤビューを彷彿とさせる円形のテールライト・リフレクター、アストンマーティン ヴァルカン同様のLED“ブレード”テクノロジー、One-77用に開発されたものと密接な関係があるウイング・ミラーなどが挙げられる。ヴァンキッシュ ザガートの彫刻的なリアエンドは、DB11のエアロダイナミックな造形を思い起こさせる。

さらに、リトラクタブル・スポイラーやラゲッジ・コンパートメントへのアクセスを容易にするリアハッチなども装備されている。ロアボディを取り囲むように装着されるカーボンファイバー・シルは、フロントからリアにかけて特徴的なラインを描き出し、美しい曲線で構成されたリアエンドには4本のエキゾースト・パイプが装着されている。

アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプトアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプトアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプトアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプトアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプト
アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプト

室内に目を向けると、アストンマーティン一流のクラフツマンシップの伝統が余すところなく表現されている。

ダッシュボードには、ヘリンボーン・カーボンファイバーとアルマイト処理された暗色ブロンズの組み合わせが採用され、オプションでアニリン・レザーが設定されている。

また、ベントやロータリー・スイッチには豪華な素材クオリティが明確に現れている。ヴァンキッシュ ザガートのシートやドアセクションには、ユニークな“Z”パターン・キルトがあしらわれ、ザガートのイニシャルである“Z”が、ヘッドレストにはエンボス加工で、センターコンソールにはステッチで、それぞれ施されている。

アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプトアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプトアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプトアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプトアストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート コンセプト

ヴァンテージ GT8(Vantage GT8)

アストンマーティン ヴァンテージ GT8

「ヴァンテージ GT8」は、2016年モデルのアストンマーティンV8 ヴァンテージ GTEレーシングカーからインスピレーションを得ており、モータースポーツのDNAが継承されている。

ノーズからテールまではレースの息吹を感じさせるものの、ヴァンテージ GT8はあくまでロードカー。アストンマーティン・レーシングのWECマシンとの繋がりが明白なワイドボディと空力処理が施されたヴァンテージ GT8には、フロント・スプリッター、フロント/リア・バンパー、フェンダー、サイドシル、リア・ディフューザーに軽量なカーボンファイバーが使われている。

外観でもっとも目を引くのは、GTEマシンを彷彿とさせるフロント・ホイールアーチのカットアウェイの処理。さらにエアロダイナミクスを追求したい場合に備えて、大型リアウィングとフロント・スプリッタ−・コーナーエレメントで構成されるエアロパックをオプション設定している。

また、新デザインの5本スポーク・アロイホイールを標準装備するとともに、超軽量7本スポーク・センターロック・マグネシウム・ホイールも用意されている。標準、オプション・ホイールともに、オンロードでもサーキットでも圧倒的なパフォーマンスを発揮するミシュランPilot Sport Cup 2タイヤが組み合わされる。

軽量化によるパフォーマンスの向上が、ヴァンテージ GT8最大のテーマ。リチウムイオンバッテリーを標準装備して貴重な数キログラムを削減したほか、カーボンファイバー・ルーフ、ポリカーボネート・リア・ウィンドスクリーン/リア・サイド・ウインドウ、センター出しチタン・エキゾースト・システムなどいっそうの軽量化オプション設定されている。

アストンマーティン ヴァンテージ GT8アストンマーティン ヴァンテージ GT8アストンマーティン ヴァンテージ GT8アストンマーティン ヴァンテージ GT8アストンマーティン ヴァンテージ GT8
アストンマーティン ヴァンテージ GT8

標準装備のカーボンファイバー・スポーツシート(マニュアル調整式。軽量化に貢献)やカーボンファイバー・ドアパネルと相まって、最大で100kgの軽量化が実現されると、ヴァンテージ GT8は、ヴァンテージ史上最軽量モデルとなる。

エアコンディショナー、160Wオーディオシステム、先進のAMi IIIインフォテインメント・システムなど、プレミアム・ロードゴーイングGTには不可欠なアイテムも標準装備される。

サーキット走行を想定してチューンされたシャーシは極めてシャープな俊敏性を実現、アストンマーティン製4.7リッターV8エンジンは446PS1の最高出力を発揮する。これと組み合わされるトランスミッションは、6速マニュアル、またはSportshift IIパドルシフト。ヴァンテージ GT8は、圧倒的なスタイルと存在感で、並ぶもののないドライビング・エクスペリエンスを提供する。

アストンマーティン ヴァンテージ GT8アストンマーティン ヴァンテージ GT8アストンマーティン ヴァンテージ GT8アストンマーティン ヴァンテージ GT8アストンマーティン ヴァンテージ GT8

アストンマーティン ヴァンキッシュ 関連ページ

アストンマーティン V12ヴァンテージ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン ヴァンキッシュ の関連記事

アストンマーティン ヴァンキッシュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン ヴァンキッシュ の関連記事をもっと見る

アストンマーティン ヴァンキッシュ の関連ニュース

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,380万円2,591.6万円

  • アストンマーティン
    DB9

    新車価格

    2,391.4万円2,822.4万円

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,445万円