autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アストンマーティン ヴァンキッシュ 試乗レポート/桂 伸一 2ページ目

試乗レポート 2012/10/12 20:51

アストンマーティン ヴァンキッシュ 試乗レポート/桂 伸一(2/2)

アストンマーティン ヴァンキッシュ 試乗レポート/桂 伸一

オールカーボン製ボディにより、随所に感じられる剛性感

アストン・マーティン

キーホールに横一で並ぶギヤポジションは、キーを中心に左側にP・R、右側にN・Dのボタン配列。まずは、ドライバーから最も遠い右端にあるDボタンを押す。トルコン式のATだから、発進はもとより変速ショックのないスムーズなつながりを実現。

さすがイギリスのカントリーロードは上下動が激しい。まるでランドローバーのサスペンションのテストコースのように凹凸やハンプが連続している。そこをヴァンキッシュはボディ/シャーシ/サスペンション/パワートレインのすべてが一体の塊になったような剛体感とともに通過して行く。

アストン・マーティン
アストン・マーティンアストン・マーティン

オールカーボン製ボディの威力はそこかしこに感じられる剛性感にある。同時に激しい凹凸で示すヴァンキッシュのサスペンションストロークの豊かさと、突き上げや硬さの類をまったく感じさせないいかにも高品位な乗り味の良さ、コンフォート性の高いショックアブソーバーのチューニングにも目を見張る。

DBSでは2モードだった走行モードは、ヴァンキッシュではノーマル/スポーツ/トラックと、3つの走行モードが用意された。サスペンションはノーマルが最もソフトで、バウンド~リバウンドもサルーン並みにソフトな仕様。もっとも、この路面で最高160km/hも出して確認しているので、通常走行ではこの激しい上下動まで行かない“ハズ”。

スポーツは、エンジンのマップが違い、シフトポイントもより高い回転域を多用する。同時にステアリングの手応えや操舵感にも重さが増える。サスペンションはハードに設定しているが、ノーマルも含めて、そのモード内で5段階にソフト~ハードを繰り返す設定。

最強のトラックは、サーキット走行も可能なほど超高速走行でボディの姿勢を安定させ、駆動の伝達能力を最も高めている。車輌安定装置のDSCの機能も70%残してある。

結局、試乗ルートにそれ以上高速走行をできる場所もなく、「それは日本のサーキットで確認してほしい」と言われ、“テイリンガム・ホール”と呼ばれる400年の歴史を誇るマナーハウスに戻って、ウルトラプレミアムなスポーツカーのテストは終了。

“イギリス人でもめったに入れない”という今回の宿泊場所であるテイリンガムホールにヴァンキッシュで乗りつける。そんな光景も別世界感そのものであった。

筆者: 桂 伸一

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ の関連記事

アストンマーティン V12ヴァンキッシュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ の関連記事をもっと見る

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ の関連ニュース

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,380万円2,591.6万円

  • アストンマーティン
    DB9

    新車価格

    2,391.4万円2,822.4万円

  • アストンマーティン

    新車価格

    1,803万円1,869.2万円