autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アストンマーティン「DB11」で新時代へ!サーキット試乗でみえた傑作「DB9」を超えた実力とは

試乗レポート 2016/9/30 15:16

アストンマーティン「DB11」で新時代へ!サーキット試乗でみえた傑作「DB9」を超えた実力とは(1/4)

アストンマーティン「DB11」で新時代へ!サーキット試乗でみえた傑作「DB9」を超えた実力とは

アストンマーティンの未来を占う渾身の作「DB11」

アストンマーティンDB11/サーキット試乗

興奮に満ちたサーキット試乗を終え、気持ちが少しずつ落ち着いてくると、今度は“これは凄いことになるかもしれない!”という気持ちがじわじわと盛り上がってきた。

なぜか。それは「DB11」という生まれたばかりのモデルがベースとなり、これから「年に1台ずつ新型が投入していく」と公言されている未だ見ぬ“アストンマーティン達”の技術的なベースになっていくことが予想されているからだ。

DB11の先代といえる、DB9がそうだった。ヴァンテージ、ヴァンキッシュ、そしてラピードといったそれぞれ性格の異なるアストンのラインナップは、全てDB9という傑作の存在を下地に成り立っている。つまりDB11は、アストンマーティンの未来を占う渾身の一作でなければならなかったのだ。

それがこの出来映え!「ニヤニヤするな」という方がどうかしてる。

セカンドセンチュリー初のオールブランニューモデル

アストンマーティンDB11/サーキット試乗

アストンマーティンは2013年に創業100周年を迎え、現在はその次の100年を見据えた“セカンドセンチュリープラン”と名づけられた戦略の初期段階にあり、フル回転している真っ最中だ。

2014年にアンディ・パーマーがCEOに就任して以降、前CEOのウルリッヒ・ベッツが作り上げてきた世界を押し広げるように、矢継ぎ早に魅力的なスペシャルモデルを次々とリリースしたり、F1チームとコラボレートした想像を超えるマシンの計画を発表したり、と驚くほど活気づいている。

DB11は、そのセカンドセンチュリープランがスタートしてからの初めてのオールブランニューとなるモデルである。しかも長く愛され続けてきたDB9の後継車にあたることもあって、様々な意味合いから、僕は「DB11」には興味津々だったのである。

果たして「DB11」はどんなクルマであり、DB9やそこから生まれた他のラインナップ達とどこがどう違うのか。

アストンマーティン DB11 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン DB11 の関連記事

アストンマーティン DB11の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン DB11 の関連記事をもっと見る

アストンマーティン DB11 の関連ニュース

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,380万円2,591.6万円

  • アストンマーティン
    V8

    新車価格

    1,630.5万円1,709万円

  • アストンマーティン
    DB9

    新車価格

    2,391.4万円2,822.4万円