autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート AMG 45オーナー限定!プレミアムなサーキット走行会「AMG45 Driving Club」イベントレポート 3ページ目

イベントレポート 2016/7/20 14:41

AMG 45オーナー限定!プレミアムなサーキット走行会「AMG45 Driving Club」イベントレポート(3/4)

関連: AMG Text: マリオ 高野 Photo: オートックワン編集部
AMG 45オーナー限定!プレミアムなサーキット走行会「AMG45 Driving Club」イベントレポート

プロとの違いを目の当たりにする「フルブレーキ」レッスン

AMG45オーナー限定「AMG45 Driving Club」にて

続いては、コースのメインストレートへ移動して、フルブレーキングのレッスン。スタート地点からはアクセルを全開にして加速し、指定の速度に達したらその速度を維持したまま直進し、パイロンが立てられた位置から全力でブレーキを踏み、定められた枠から車体が出ないように完全停止するという内容。

最初の1本目は時速60kmからのフルブレーキで、その後、時速80km、時速100kmと設定速度を上げてトライするのだが、公道で本気のフルブレーキを踏む機会はほとんど皆無に近いせいか、誰もが自分が思っている以上に力強く踏めないものであることを実感させられる。

一般的なドライバーが街乗りで日常的に使うブレーキの踏力は強くても10kg程度といわれるが、蒲生選手は、レースではなんと最大140kgの踏力でブレーキをかけるというから凄まじい。

我々素人ドライバーでは、頑張ってもせいぜい30~40kgというところで、しかも速度が高くなると、アクセルペダルからブレーキペダルへ踏み替える際のラグの大きさが気になった。

AMG45オーナー限定「AMG45 Driving Club」にて

時速100kmの空走距離は1秒間に約28mであることは広く知られているが、時速100kmで走行中にアクセルペダルからブレーキペダルに踏み替える際の空走距離は頭で理解していた以上に大きいことも実感させられる。

そんな感じで自分の右足の意外なほどの脆弱ぶりにガッカリしつつも、同時にAMG A45 4MATICの制動力の高さに感心できた。

キャリパーもローターも、見るからに戦闘的でよく効きそうな雰囲気だが、さすがAMGのブレーキはこけ脅しではない。踏めば踏むほど止まりそうな感覚に溢れた、絶大の信頼を寄せるに足りる強力なブレーキである。

そして・・・いよいよショートサーキットをアタック!

AMG45オーナー限定「AMG45 Driving Club」にてAMG45オーナー限定「AMG45 Driving Club」にて

連続フルブレーキというハードなトライに、右足のふくらはぎに心地よい痛みを覚えながら、いよいよショートサーキットのコースをアタックする。

谷口、蒲生の両選手の先導で、後続車はなるべく忠実に先行車のライン取りをトレースすることを意識して走行。数台連なっての走行となると、どうしても後ろの方になると追従遅れになったりラインが乱れたりするので、途中で参加者は走る順番を変えることで、プロドライバーのライン取りをしっかり学べるように配慮された。

富士スピードウェイのショートサーキットは、最長でも距離は920mで速度域は低く、安全性の高い初心者向けのコースなので、どんな初心者でも恐怖感を覚えることは少ない。万年初心者の筆者も走りやすさでは国内屈指のコースであるとの印象を持っている。

しかし、日本人として初めてル・マン24時間耐久レースを制した関谷正徳氏監修のもと設計されたテクニカルコースだけあって、アップダウンとブラインドコーナーが多く、速く走るにはレーシングドライバーの目で見ても難易度の高いコースとしても知られている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG の関連記事

AMGの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG の関連記事をもっと見る

AMG の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20