autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ SLS AMG ロードスター 海外試乗レポート/西川淳 3ページ目

試乗レポート 2011/10/11 15:42

メルセデス・ベンツ SLS AMG ロードスター 海外試乗レポート/西川淳(3/3)

関連: AMG SLSクラス Text: 西川 淳 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ SLS AMG ロードスター 海外試乗レポート/西川淳

そのライドフィールは、優雅な外見に反して“硬派”

SLS AMGロードスター

結論から言うと、このロードスターはクーペと同様“最高のドライビングカー”であった。

否、“でしかない”と言った方が正しい。歯に衣を着せずに言えば、運転席だけが楽しめるクルマ、なのだ。

クーペに比べれば派手なオープンカーとなったぶんだけ、女性を侍らせて楽しむ優雅な遊びクルマに見えるかもしれない。けれども、そのライドフィールは、クーペと同じく、硬派に徹していた。

確かに、新設定のライドコントロールシステムをコンフォートにして走れば、従来の固定ダンパー仕様よりもいくらか、路面からの突き上げや当たりもマイルドに感じる。

とはいえ、それはあくまでも相対的にそう感じたというレベルでしかない。

絶対的には、やっぱりフラットで硬い乗り味に徹する。アジリティ全開のハンドリングパフォーマンスも、クーペもそうだったが、助手席に座っている方とすれば予想以上にゲインが強過ぎて、目と心がまるでついていかず、すぐさまクルマ酔い気分に。

SLS AMGロードスターSLS AMGロードスター

要するに、ドライブデートにふさわしいオープンカーではないのだ。このクルマは、徹してスポーツロードスターである。ドライバーが一人で、ただひたすらドライビングだけを楽しむべきスポーツカーだ。

ベンツのオープンで彼女をエスコートしたいというなら、SLクラス(もうそろそろモデルチェンジだろう)を買った方がいい。そういう意味では、SLSとSLを二台並べたガレージというのも、十分、理由があるだろう。

サスペンションセットをスポーツプラスに、DCTの変速セットもスポーツ+に、そしてセンターモニターの画面を新たに装備されたパフォーマンスメディアに変更し、ドライビンググローブをピタッとはめて走り出そう。

スリリングでよくできた、極めてFRらしいスポーツドライビングを、オープンエアという最高のシチュエーションで楽しむことができる。そのパフォーマンスは、クーペに比べて、まったく遜色のないものだった。

そして。

大排気量V8独特の野太いエグゾーストノートが、自然の香りや光や風とともに、ドライバーの身体をダイレクトに震わせる。その全身で感じる心地よさこそ、ロードスタースポーツカーの幸せというものだろう。

筆者: 西川 淳

AMG SLSクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG SLSクラス の関連記事

AMG SLSクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG SLSクラス の関連記事をもっと見る

AMG SLSクラス の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22