autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ SLS AMG ロードスター 海外試乗レポート/西川淳 2ページ目

試乗レポート 2011/10/11 15:42

メルセデス・ベンツ SLS AMG ロードスター 海外試乗レポート/西川淳(2/3)

関連: AMG SLSクラス Text: 西川 淳 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ SLS AMG ロードスター 海外試乗レポート/西川淳

新たにオプション設定された3つのサスペンションモード

SLS AMGロードスター

ルーフとドアを取り去ると、ボディシェルの剛性は低下する。開発当初からロードスターの追加が予定されていたとしても、やっぱり落ちるものは落ちる。

その剛性低下はもちろんのこと、低下を補うための重量増加をどれだけ最低限に抑えることができたか。それが、この手のハイパフォーマンス・ロードスターにおける、ダイナミックパフォーマンスの見どころだろう。

主な対策は3ヶ所あった。肉厚とチャンバー数を増やしたサイドスカート、ウィンドスクリーンとセンタートンネルに対してダッシュボードのクロスメンバーを支えるストラット、リアアクスルを補強するソフトトップとタンクの間の湾曲ストラットだ。

こういった最適設計によって、カルマン製アルミニウムスペースフレームそのものの重量増加は、ルーフ部分と相殺してわずか2キロに留まり、車両重量増も40キロに抑えられた。軽量設計もまた、高性能ロードスターの必須項目だ。

電子制御ダンピングシステム(AMGライドコントロール)を新たにオプション設定したことも目新しい。

これは、サスペンションモードを“コンフォート”“スポーツ”“スポーツプラス”の三段階に切り換えることができるというもの。

“スポーツ”がクーペの標準仕様固定ダンパーと同等で、“スポーツプラス”がパフォーマンスパッケージと同等のセッティングらしい。つまり、“コンフォート”はもう一段、柔らかい。これは今後、クーペにもオプション設定される。

珠玉の自然吸気6.2リッターV8ドライサンプエンジンや、トランスアクスル式7速デュアルクラッチシステム/AMGスピードシフトDCTといった、主要メカニズムの表面的なスペックはクーペと同じである。

SLS AMGロードスターSLS AMGロードスターSLS AMGロードスターSLS AMGロードスターSLS AMGロードスター

AMG SLSクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG SLSクラス の関連記事

AMG SLSクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG SLSクラス の関連記事をもっと見る

AMG SLSクラス の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20