autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2012/3/22 17:33

メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe 試乗レポート/岡本幸一郎(3/3)

関連: AMG SLSクラス Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe 試乗レポート/岡本幸一郎

好みの減衰特性を選択できる「AMGライド コントロール サスペンション」

メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe

進行方向のかなり後方にドライビングポジションが配されているため、ドライバーよりもはるか前方にフロントタイヤがあり、オシリのすぐ後ろにリアタイヤがあることによる操縦感覚は、やはり独特。

そしてなにより驚くほど俊敏な回頭性は、このクルマなればこそ。フロントミッドシップとトランスアクスルを採用したことで、47:53という前後重量配分を実現している上、エンジンはドライサンプ化により搭載位置が低められているので、重心も低い。

加えてステアリングレシオは13.6とクイック。締め上げられた足まわりは、正確かつダイレクトにタイヤが路面に追従する感覚をドライバーに伝えてくれる。

これらにより素晴らしい回頭性とオンザレール感覚のコーナーリングを、いかなるシチュエーションでも楽しむことができる。ワインディングを気合を入れて攻めても、限界ははるか上にある印象だ。ただし、SLS AMGの乗り心地に関しては、当初より固すぎるという声が大きかった模様。それを受けて、電子制御ダンピングシステムを搭載した「AMGライド コントロール サスペンション」が早々に設定された。

同機構により、AMGドライブユニットシステムのボタンを操作することで、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツプラス」の3つのサスペンションモードから好みの減衰性能を瞬時に選択することができるようになり、乗り心地重視のセッティングも選べるようになったのはありがたい。

SLS AMGのようなクルマにはスパルタンな乗り味がよく似合うわけだが、日常的に乗ることを考えると、やはり快適な乗り心地も欲しいところ。こうして選べたほうがなにかと好都合であることには違いないだろう。

久々にドライブしたSLS AMGは、メルセデスが考えるピュアなスポーツであり、見た目も走りも、本当にエキサイティングなクルマに仕上がっていることを再確認させてくれた。そして、高級セダンの第一人者であるメルセデスは、スポーツカーメーカーとしても超一流であることを、あらためて思い知らされた、そんな、しばしSLS AMGに触れたひとときであった。

メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe

AMG SLSクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG SLSクラス の関連記事

AMG SLSクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG SLSクラス の関連記事をもっと見る

AMG SLSクラス の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28