autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2012/3/22 17:33

メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: AMG SLSクラス Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe 試乗レポート/岡本幸一郎

乗り込むときから特別感を与えるガルウイングドア

メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe

もちろんガルウイングドアも、このクルマのスペシャルな部分であり、まず乗り込むときから特別感に満ちている。

ドアを持ち上げ、分厚いサイドシルを越えてシートに乗り込む際に、ドア内側のグリップ部分を持ちながら乗り込むのがコツ。そうせずに身体だけ先にシートに収めてしまうと、ドアに手が届かなくなり、ドアを閉められなくなってしまうからだ。

ちなみに、ガルウイングドアについては電動化も検討されたようだが、機構的に難しく、また運動性能に直結するルーフ部分の重量増を避けたいという考えもあって、導入は見送られたそうだ。

グッと低いポジションのシートに収まると、コクピットは極めてタイト。頭とルーフのクリアランスも小さく、太いAピラーとせり立ったフロントウインドウが眼前に迫るのも独特の感覚。そのウインドウの奥には、前端がはるか前方にある長いボンネットがある。

メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe
メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe

エンジンスタートボタンを押すと、派手な空吹かしとともに目覚めるエンジンは、一連の「63 AMG」でなじみ深い6208ccのV8ユニットM156型をベースに高度なチューニングを施したM159型だ。見た目のインパクトに相応しく、性能も磨き上げられており、スペックは最高出力420kW[571ps]/6800rpm、最大トルク650Nm[66.3kgm]/4750rpmまで高められている。

これをフロントアクスル後方に搭載し、さらにアルミ鋳造製トルクチューブを介して、リアアクスルにAMGスピードシフトDCT(ゲトラグ製7速)を搭載した、トランスアクスルレイアウトを採用している。

ひさびさにドライブしたSLS AMGの第一印象は、やはり痛快そのものだった。踏めばどこからでもついてくる瞬発力と、トップエンドまで突き抜けるような力強さのみなぎるエンジンフィールがたまらない。それは「官能的」とか「繊細」という表現とは異質(むしろ反対)の、荒々しく豪快なもので、ただただ圧倒されるばかり。ちなみに、0-100km/h加速は3.8秒というから、実際の速さも相当なものだ。

メルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupeメルセデス・ベンツ SLS AMG Coupe

AMG SLSクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG SLSクラス の関連記事

AMG SLSクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG SLSクラス の関連記事をもっと見る

AMG SLSクラス の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24