autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 愛車紹介 森脇基恭/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」 2ページ目

レーサー愛車紹介 2011/1/7 15:51

森脇基恭/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」(2/3)

関連: AMG SLKクラス Text: 今井 優杏 Photo: 今井優杏
森脇基恭/今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」

モータースポーツは「人間同士のスポーツ」

―またロータスですね?ロータスの魅力はどこにあるのでしょう?

自分の身体の一部のような感覚でクルマが動いてくれることでしょうね。もちろん限界走行になった時の難しさは、ホイールベースが短いために並大抵のものじゃない。だけどそんなことは一般道でやることではないですから。一般道では非常に小気味よく、クルマの持つ本来の楽しさみたいなものを充分に味わえるクルマだと思いますね。

―確かに、森脇さんのように1台BMWをお持ちで、さらにセカンドカーとして所有できるなら、ロータスのラインアップはとても魅力的なんですけど・・・

そうですね、ファーストカーにはなかなかねぇ。難しいクルマだね。日本は3日に1回雨降るしね。雨漏りしちゃうかもしれないしね(笑)でもやっぱりマニュアルのちいさいクルマに乗りたいですね。仕事を辞めて、自分の時間をすべて自分のために使えるようになったら、きっと買っちゃうでしょうね。

―森脇さんはフォーミュラでレースをされていますが、それは屋根開き好きと何らかの関係があったりするんでしょうか?

森脇基恭氏と愛車のSLK350AMG

それは全然関係ないです(笑)

自動車レースの基本はタイヤにエンジンが付いて走ること。なるべく余計な物・贅肉をそぎ落とした形であるのはフォーミュラカーなんです。

モータースポーツっていうと、エンジンのスポーツだったり、タイヤのスポーツだったりサスペンションのスポーツだったりと勘違いしてる人がいるんだけど、本当は人間同士のスポーツなんですよ。速く走れる人が速い、というクルマの神髄、根幹の部分を表しているのがフォーミュラカーだと思うんです。

―最近ではフォーミュラカーも2ペダル化が進んで、ハイテク化していますよね?それでもやっぱり、レーシングカーではなく人間のスポーツなんでしょうか?

うん、レーシングドライバーの“究極”っていうのは、クルマの持ってる能力とタイヤの持ってる能力の限界点が崖っぷちのギリギリのラインなんだとすれば、そのギリギリを自分の力で身体で感じることなんです。これを超えたらスピンしてしまうというラインを、理論ではなくそれ以上に“感じて”コントロールするんですよ。

―つまりどこまで自分の限界点を引き上げられるか、ということになるわけですね。どれだけマシンが高性能化しても、人間がコントロールする限りモータースポーツは人間のスポーツだと。

ドライバーは『このくらいハンドルを切ったらこのくらい後ろが流れました、だからセッティングを変えて下さい』ということを感じて走っています。そんなドライバーの感性をデジタルに変換して、「じゃあフロントのスプリングを何キロ硬くしましょう」「後ろのスタビライザーをどれだけソフトにしましょう」と指示するのがエンジニアの仕事。だから我々エンジニアはデジタル変換器なんですよね。アナログとデジタルの共同作業なわけです。

ですから両方がいないとレースは成立しません。とはいえ、結局前で走っているのはドライバーなんですよね。だから僕はモータースポーツなんて言わないで、ドライバーズスポーツって言った方がいいんじゃないかと思うんだけど。

―そういう風にドライバーを第一に考えてらっしゃるチームの方って、最近では本当に少ないと思うんですが。不遇な扱いを受けているドライバーは、それを聞いたら感激して泣いちゃうんじゃないでしょうか?(笑)

それはそれぞれの考え方があるから、僕の考え方が一番正しいとは思わないけれど、僕は大学を出てホンダで学んでイギリスに行って、イギリスでレースをしてレーシングカーを設計して、日本に帰って来てすぐに今お話したみたいな感覚でドライバーと付き合い、チームを運営してきましたのでね。

AMG SLKクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG SLKクラス の関連記事

AMG SLKクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG SLKクラス の関連記事をもっと見る

AMG SLKクラス の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23