autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ 新型S63AMG 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/10/4 19:39

メルセデス・ベンツ 新型S63AMG 海外試乗レポート(2/2)

関連: AMG Sクラス Text: 石川 真禧照 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ 新型S63AMG 海外試乗レポート

加速もコーナリングもその挙動は安定志向

新型S63AMG

S63AMGはノーマル仕様。7速ミッションの「AMGスピードシフトMCT-7」Dレンジをセレクトして走り出す。

クラッチ付のこのセミATは、60km/h・1,100回転でも加速するフレキシブルさを備えている。

最初の赤信号でエンジンが停止、AMGもアイドリングストップが装備された。再スタートは至ってスムーズだ。

CLとは異なり、Sの63AMGとなるとアクセルオンからのエキゾーストノートもボリュームは大きく、静かな室内とはいえない。

新型S63AMG

この音は4,000回転からさらに高まり、6,000回転のリミット近くになると、レーシーなサウンドを楽しませてくれる。

Dレンジでの0-100km/hは、手持ちのストップウォッチでも5秒台前半。

しかし、加速中もコーナリング中もその挙動は安定志向に振られており、あくまでもジェントルな身の振る舞い。

フロントが「255/35ZR20」リアが「275/35ZR20」という大径タイヤでの乗り心地は、コンフォートモードでも上下動はキツめ。重く、径の太いステアリングの操舵力と相まって、スポーツモデルをドライビングしていることを意識させてくれる。

一方、日本導入は来春になるV6・3.5リッターエンジンのS350は、2,500回転あたりからトルクの盛り上がりが体感でき、大型のSクラスでも役不足は感じない。

音は3,000回転以上で唸り音が高まるものの、Dレンジでの一般走行には何ら不便を感じない。もちろんこのエンジンもアイドリングストップ付だ。高速では100km/hで1,500回転と低回転なので、日本でも使えそう。

S350は、ニューSクラスのなかでもベストチョイスといえるモデルだ。

ニューSクラスに関しては、今秋にまずS63AMGが導入されるが、Sクラスの本命は経済的かつパワーも味わえるV6エンジンを積んだS350だ。これは、日本でも大いに売れそうなモデルといえるだろう。

AMG Sクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG Sクラス の関連記事

AMG Sクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG Sクラス の関連記事をもっと見る

AMG Sクラス の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21