autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ E63AMG 海外試乗レポート/大谷達也

試乗レポート 2011/9/6 16:35

メルセデス・ベンツ E63AMG 海外試乗レポート/大谷達也(1/3)

関連: AMG Eクラス Text: 大谷 達也 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ E63AMG 海外試乗レポート/大谷達也

今度のE63AMGは、5.5Lツインターボエンジンを載せた優等生!

メルセデス・ベンツ E63AMGメルセデス・ベンツ E63AMG

メルセデス・ベンツにパワフルなエンジンを搭載し、足回りや内外装をさらにスポーティかつ豪華に仕上げたのがAMGシリーズ。

もともとAMGは独立した企業だったが、1999年に創設者がメルセデスに株式を売却、子会社のひとつとなった。このため、いまはメルセデスと同じ品質基準で作られていて、購入もメンテナンスもすべて普通のメルセデス同様、正規ディーラーで取り扱ってくれる。つまり性能が高くなっただけで、安心感は他のメルセデスと同じ。そう考えて間違いない。

そのAMGシリーズの最新作がメルセデス・ベンツE63AMGである。従来もE63AMGはあったけれど、こちらは6.3L自然吸気エンジンを積んでいた。これを5.5Lツインターボエンジンに積み替えたのが新型の特徴である。排気量は6.3Lから5.5Lに減ったものの、エンジンのパフォーマンスは6.3L並みかそれ以上。だから、もともとは排気量を示す“63”のモデル名がそのまま残ることになった。

ちょっとわかりにくいけれど、新しくなったことを声高に訴えない控えめなところがメルセデスらしいともいえる。

メルセデス・ベンツ E63AMGメルセデス・ベンツ E63AMG

最近、ヨーロッパでは、排気量を減らしてターボやスーパーチャージャーをつける「ダウンサイジング・コンセプト」が流行っている。といっても、これは単なるブームではなく、環境問題への対応という大事な目的がある。

ご存知のとおり、自動車はCO2を排出する。その量は消費した燃料に比例する。言い換えれば、燃費がいいとCO2削減につながる。だからヨーロッパの自動車メーカーは燃費の改善に効果のある技術を積極的に取り入れているのだ。

問題のダウンサイジングは、排気量を減らすことでまず燃費を改善する。エンジンは排気量が小さいほうが燃費はよくなる。ただし、排気量をただ小さくするだけだとパワーも落ちてしまう。

そこでターボやスーパーチャージャーをつけて必要なときは大パワーを生み出す。さらに、直噴などの最新燃焼技術を取り入れたり、段数の多いギアボックスと組み合わせることで、さらに燃費をよくする。これがダウンサイジング・コンセプトの基本的な考え方である。

でも、ちょっと待って欲しい。AMGなんていう高価でハイパワーなクルマを買う人にとっても、燃費は大事なのだろうか?これについて、AMGのマーケティング担当者は次のように語った。

「経済的に余裕のある方ほど、社会的な責任感を強くもっていらっしゃいます。そういう方々は、燃費がよくてCO2排出量の少ないクルマをむしろ積極的に選ばれる傾向があります。したがって、AMGが燃費の改善とCO2削減に取り組むのは当然といえます」。

なるほど、問題は燃費だけでなく、CO2つまりは地球環境全体に関わってくることなのだ。というわけで、どんなに高級でどんなにスポーティなクルマであっても、今後は益々燃費改善、ひいてはCO2排出量削減が重要視されることだろう。

メルセデス・ベンツ E63AMGメルセデス・ベンツ E63AMGメルセデス・ベンツ E63AMGメルセデス・ベンツ E63AMGメルセデス・ベンツ E63AMG

AMG Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG Eクラス の関連記事

AMG Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG Eクラス の関連記事をもっと見る

AMG Eクラス の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24