autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ E63AMG 試乗レポート

試乗レポート 2010/2/19 10:30

メルセデス・ベンツ E63AMG 試乗レポート(1/3)

関連: AMG Eクラス Text: 岡本 幸一郎 Photo: 茂呂幸正
メルセデス・ベンツ E63AMG 試乗レポート

「高級」「高性能」「日常性」の巧みなバランス

E63AMG
E63AMGE63AMG

もともと独自にメルセデス車を駆るレーシングチューナーであったAMGが、その傍らでメルセデスの市販車のカスタマイズを手がけ始めると、両社の関係は徐々に親密度を深めていき、やがてそれは公式のものとなる。

そして1999年、AMGが正式にメルセデスの傘下に入るや、メルセデスの大半の車種に「AMG」の名を冠した最上級モデルがラインアップされるようになった。

一連のAMG車には、これまでもたびたび試乗の機会を得てきたが、そのたびにため息と感嘆符の連続であった。AMGが高級車として世界中のセレブに愛されているのは、たんにメルセデスの最上級であるからにとどまらず、本当に「素晴らしい高級車」であるからだろう。

それはまず性能が「高級」だからに違いない。圧倒的性能を持つパワーユニットによる高い動力性能しかり、優れたハンドリングによる運動性能しかり。それを高級かつ快適な居住空間に包まれつつ、何もわずらわしい思いをすることなく、ごく普通に扱いながら味わえるところが偉い。

「高級」で「高性能」、そして「日常性」を巧みにバランスさせているところに、まずAMGのスゴさがある。そして、このたび現行W212型のEクラスをベースとする最新のE63をドライブするチャンスに恵まれた。

価格は1,495万円と、先代W211型のE63に対して少し上昇。参考までに、C63が1,060万円、CLS63が1,543万円、S63が2,230万円で、AMGではないE550アバンギャルドが1,080万円となっている(すべてセダンの価格)。

E63AMG

S63、SL63、CL63などと同じ最高出力386kW[524ps]/6,800rpm、最大トルク630Nm[64.2kgm]/5,200rpmというエンジンスペックは、6.3リッターV8における現状のトップパフォーマンスとなる(なぜか公表値の「kW」は同じものの、「ps」の数値に若干の差があるのだが・・・)。

ちなみに、ヒエラルキーか車両重量のせいか、C63では最高出力336kW[457ps]/6,800rpm、最大トルク600Nm[61.2kgm]/5,000rpmとなっているし、一世代前の仕様のCLS63や、SUVのML63も、2010年2月時点では、微妙にピークパワーが低めとなっている。

一般的に排気量の大きなエンジンは、内部ムービングパーツの重量や摺動面の抵抗が増えるため、ロスが大きくなり、高回転まで回すことが難しくなるものだ。ところがこのエンジンは、レーシングテクノロジーの注入により、6リッターを超える排気量を持つエンジンとしては異例の7,200rpmという高い回転にも耐える。

AMG Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG Eクラス の関連記事

AMG Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG Eクラス の関連記事をもっと見る

AMG Eクラス の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24