autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ E63AMG 試乗レポート/岡本幸一郎 3ページ目

試乗レポート 2012/03/24 10:00

メルセデス・ベンツ E63AMG 試乗レポート/岡本幸一郎(3/3)

メルセデス・ベンツ E63AMG 試乗レポート/岡本幸一郎

装着しない手はない「レーダーセーフティパッケージ」

メルセデス・ベンツ E63AMG

E63AMGを含むEクラス全車に設定された、最新の予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」についてもお伝えしたい。

 同システムは、フロングリルに配した中長距離用77GHz、前後のバンパー左右に配した近距離用の24GHz×4という計5つのミリ波レーダーセンサーと1つのカメラにより構成。明るさや天候の影響が小さく、瞬時に正確な計測が可能なミリ波レーダーを用い、中長距離だけでなく、高精度の近距離レーダーを加えたことで、さらに幅広い利用が可能となった。

具体的な機能は「BAS(ブレーキアシスト)プラス」「PRE-SAFE(プレセーフ)ブレーキ」「アクティブ ブラインド スポットアシスト」「ディストロニック・プラス」「アクティブ レーン キーピング アシスト」の五つ。

メルセデス・ベンツ E63AMGメルセデス・ベンツ E63AMG

実際に一般道で試してみた。「ディストロニック・プラス」は、最適な車間距離を自動でキープしてくれるというもので、200km/hから停止まで対応。動作は極めてスムーズで、先行車が停止すれば、自車も減速して停止する。レバーを操作するかアクセルペダルを軽く踏み込めば、滑らかに再発進してくれる。長距離の高速移動から渋滞時まで、ドライバーの疲労を低減する上で非常に有益といえるだろう。

「アクティブ ブラインド スポットアシスト」と「アクティブ レーン キーピング アシスト」については、従来の警報を発する機能に加えて、4輪個別にブレーキを自動制御して走行コースの修正をアシストしてくれるようになった。いろいろなパターンを試してチェックしてみると、「アクティブ レーン キーピング アシスト」については、車線の表示が薄かったり、故意の車線変更と判断されたケースは作動せず、角度が浅く、本当に車線を逸脱しそうになった状況のときに限り作動する。コース修正の制御も自然で違和感はなく、ちょうどよい。

「アクティブ ブラインド スポットアシスト」については、コース修正の制御は同様で、ドアミラーに配された三角のモニターが常に視野の中にあるため、とくに意識しなくてもドアミラーだけでは死角になる部分の状況を確認できるところがいい。

「BASプラス」、「PRE-SAFEブレーキ」は、ともに車速7km/h以上で作動し、警告にドライバーが反応しない場合、段階的に自動ブレーキが作動して、衝突の回避もしくは被害軽減をサポートしてくれる。ただし、同機能ではあくまでドライバーの操作が優先され、アクセルもハンドルも操作していない惰行状態のときのみ作動する設定となっているとのこと。

現実的な運転状況を考えると、やや条件が限定的すぎる気もするところだが、そこはメルセデスの哲学によるところ。とりあえず、駐車場で障害物に見立てた物体に向かって走って試し、車速30km/h以专作ハンダー〥正の噻さぉとい作ド離用ぐハ線アクや惰行「アク・ルさ倄作灗倄、が、ア尉ライク・ルさだれ、氮ば、滑ら最適な車は被审介立て㑋く動㉜惬ーキが作勠滑灨ころ的のて挀0状氀郉ラ