autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 新型CLS63AMG 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2011/2/3 20:21

新型CLS63AMG 海外試乗レポート(3/3)

関連: AMG CLSクラス Text: 西川 淳 Photo: メルセデス・ベンツ日本
新型CLS63AMG 海外試乗レポート

旧モデルを凌駕するダイナミックなエンジンパフォーマンス

新型CLS63AMG新型CLS63AMG

直噴ツインターボエンジンの目覚める音は、まるでマッスルカーのそれだ。轟音である。従来の自然吸気6.2リッターエンジンとほとんど同じ豪快さだ。

乗り心地は極めてハードである。パワーステアリングと連動して調整可能なサスペンションシステムを持つが、それをコンフォートにしても硬派な乗り心地だ。

さらにアシが固くなりハンドルの重さもグッと増すけれども、いっそスポーツモードにしてクルマ全体の一体感を積極的に楽しむ乗り方のほうがいいかも知れない。

7速MCTのフィーリングも、このクラスまでなら微速域の加減速も上手にこなす。マイナーチェンジしたCL63も同じミッションを積んでいるが、アチラはより重量級だったからか、微速発進時の滑らかさに欠けていた。

圧巻だったのは、やはりエンジンパフォーマンスだ。

低速域から分厚いトルクに恵まれて、その力強さを維持しながら高速域まで一気に駆け上がる。以前の63自然吸気エンジンに比べると“回す楽しみ”こそ薄れたものの、走りのダイナミックさでは完全に上回った。

シフトプログラミングをスポーツやマニュアルにして走れば、気持ちのいいダウンシフトを楽しみながらのスポーツ走行もこなしてくれる。

新型CLS63AMG

あまりに硬い乗り心地は嫌だなあ、と思っている人に、ひとつ朗報がある。カーボンコンポジットブレーキシステムをオプションで選べば、デイリーユースの乗り心地が格段に向上するのだ。

バネ下重量が一輪当たり5キロ前後軽くなるから、相当に効く。高いだろうが、必須アイテムと言えそう。

日本上陸は、スタンダードモデルと併せて夏前後になるという。

4ドア“クーペ”という新ジャンルに先鞭を付けたCLSクラス。その高性能仕様AMGは、その完成度の高さを見るかぎり、前作同様に高い支持を獲得するであろうことは間違いない。

筆者: 西川 淳

AMG CLSクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG CLSクラス の関連記事

AMG CLSクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 新型CLS63AMG 海外試乗レポート

    試乗レポート

    新型CLS63AMG 海外試乗レポート

    ダウンサイジングしながらもさらなるパワーアップを果たした新型AMGメルセデスのビジネスは今後、新興国マーケットでの需要増のみならず、ラインナ....

  • AMG SL/SLK/CLS 新車発表会速報

    新型車リリース速報

    AMG SL/SLK/CLS 新車発表会速報

    AMGがさらにハイパフォーマンスに!メルセデス・ベンツ日本は28日、東京お台場で自社への専用チューンナップメーカーである“メルセデスAMG”....

AMG CLSクラス の関連記事をもっと見る

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21