autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ C63 AMG クーペ 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/10/20 17:30

メルセデス・ベンツ C63 AMG クーペ 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: AMG Cクラスクーペ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
メルセデス・ベンツ C63 AMG クーペ 試乗レポート/岡本幸一郎

6208ccの自然吸気V8エンジンを踏襲

C63AMGクーペC63AMGクーペ

AMGといえば、生い立ちもそうであるように、やはりエンジンこそ真骨頂だ!

これまでも、どんな車種にも容赦なく唖然とするほど高性能なエンジンをブチ込んできた経緯があるが、C63AMGクーペにも、近年の一連のAMG「63」シリーズでなじみ深い6208ccのV8ユニットが搭載される。

実のところ、すでにSクラスやCLクラス、CLSクラスやEクラス(まもなく日本導入)などのAMGの「63」のパワーソースは、アイドリングストップ機構の付く5.5リッターターボに変更されたところだが、C63AMGについては、前述のモデルよりも後発となるタイミングでのビッグマイナーチェンジながら、本国のDTM(ドイツツーリングカー選手権)を戦うCクラスにも同じエンジンが積まれることから、おなじみの自然吸気V8ユニットが踏襲されたのだ。

さらに試乗車には、C63AMG の性能をさらに高めるスペシャルオプションとして、125 万円で用意されている「AMGパフォーマンスパッケージ」が装着されていた。 ただでさえ驚くほど速いエンジンなのに、同パッケージでは、SLS AMG と同じ、鍛造ピストン、コンロッド、軽量クランクシャフトなどが与えられ、最高出力がプラス22kW[30ps]となる358kW[487ps]まで向上する。

C63AMGクーペ

また、性能とは直接関係ないが、エンジンルームの可変インテークマニホールドが、見るからに速そうなチタニウムグレーペイント仕上げとなるのも特徴だ。一方、トランスミッションには大きな変更があったので要注目。従来のC63AMGのセダンとワゴンにはATが搭載されていたのだが、今回の改良で、C63AMGのクーペ、セダン、ワゴンの全車に、トルクコンバーターのかわりに湿式多板クラッチを採用した「AMGスピードシフトMCT」が与えられたのだ。

これによるドライブフィールの変化がけっして小さくないことは想像に難くない。 なお、「AMGパフォーマンスパッケージ」で、ほかに走行性能に関係する部分としては、コンポジットフロントディスクと、全輪にレッドにペイントされたキャリパーを持つAMG強化ブレーキシステムや、LSD(リミテッド・スリップ・デフ)が与えられる。

内外装では、トランクリッドのカーボンファイバースポイラーリップや、ナッパレザーを巻きグリップにアルカンターラを配したAMGパフォーマンス・ステアリングが装備される。エンジンのパワーアップにとどまらず、これほどの付加価値が付いてプラス125万円というのは、コストパフォーマンスとしてはなかなか魅力的。ぜひ選びたいオプションだ。

C63AMGクーペC63AMGクーペC63AMGクーペC63AMGクーペC63AMGクーペ

AMG Cクラスクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG Cクラスクーペ の関連記事

AMG Cクラスクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG Cクラスクーペ の関連記事をもっと見る

AMG Cクラスクーペ の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25