autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ C63AMG クーペ ブラックシリーズ 試乗レポート/松田秀士

試乗レポート 2012/3/1 14:00

メルセデス・ベンツ C63AMG クーペ ブラックシリーズ 試乗レポート/松田秀士(1/2)

関連: AMG Cクラスクーペ Text: 松田 秀士 Photo: メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツ C63AMG クーペ ブラックシリーズ 試乗レポート/松田秀士

日本への割り当て台数は50台!でした・・・。

メルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズメルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズ

メルセデスのスポーツブランドといえばAMG。そのAMGブランドの中に「ブラックシリーズ」というモデルが存在する。

このブラックシリーズとは、AMGのブランドスローガンであるドライビングパフォーマンスを体現した究極のピュアドライビングマシンのこと。それはモータースポーツで培った最先端テクノロジーによる究極の運動性能と圧倒的な存在感を示すスタイリングを兼ね備えていることを意味する。

つまり、AMGモデルよりもさらに尖った高性能マシンであり、しかも少量限定生産車なのである。

ここに紹介するC63AMGクーペ ブラックシリーズも、日本へ割り当てられた台数は50台。それも発表とほぼ時を同じくして予約は全て埋まってしまったというから、AMGブラックシリーズの信頼性と人気の高さに改めて感心させられる。

そのC63AMGクーペ ブラックシリーズに、カリフォルニアはラグナセカサーキットで全開試乗してきたので報告しよう。

レースで培われた最先端技術がぎっしり!

メルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズ

昨年10月にベースモデルとなるCクラスクーペが日本へ導入されたのだが、実はC63 AMGクーペはさらにその前に日本でデビューしている。

その出で立ちは、ワイドなフェンダーやリアのスポーティな処理など、AMGファンを唸らせるものだった。しかし、今回のブラックシリーズはそれどころではない。ローダウンされた低い車高、ワイドに膨らんだ前後フェンダー。見るからに迫力満点だ。

特にフロントフェンダーの造形は、ドイツDTMを戦うレースカーを思い起こさせるデザイン。かなり迫力がある。そう、レースで培われた最先端技術がぎっしり詰め込まれている雰囲気だ。

リアには明らかに大きなダウンフォースを発生しそうなGTウイングが備え付けられている。それでもその存在感は少し控えめだ。また、フロントバンパー両サイドには、カナードと呼ばれるフィンが上下に2枚ずつ付けられていた。

これはレースでは良く使われるパーツで、簡単にフロントのダウンフォースを増やすことができる。リアGTウイングと相まって、その効果以上にビジュアルでオーナーを満足させてくれそう。

この前後の空力パーツはAMGエアロダイナミックパッケージのオプションをチョイスすることで装着することができる。

メルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズメルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズメルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズメルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズメルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズ
メルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズメルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズメルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズメルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズメルセデス・ベンツ C63 AMG ブラックシリーズ

AMG Cクラスクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

AMG Cクラスクーペ の関連記事

AMG Cクラスクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

AMG Cクラスクーペ の関連記事をもっと見る

AMG Cクラスクーペ の関連ニュース

AMG 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23