フェラーリ  &  ランボルギーニ  &  アルファ ロメオ  &  メルセデス・ベンツ 『ジュネーブモーターショー2013』レポート/小沢コージ ~スーパーカー祭りは突然に!ほとんどリアル「サーキットの狼」世界版だ~

記事・レポート 特集 モーターショー 『ジュネーブモーターショー2013』レポート/小沢コージ ~スーパーカー祭りは突然に!ほとんどリアル「サーキットの狼」世界版だ~

『ジュネーブモーターショー2013』レポート/小沢コージ ~スーパーカー祭りは突然に!ほとんどリアル「サーキットの狼」世界版だ~ (1/2)

この記事に登場する車:

Text :
Photo:
オートックワン編集部
『ジュネーブモーターショー2013』レポート/小沢コージ ~スーパーカー祭りは突然に!ほとんどリアル「サーキットの狼」世界版だ~

ハイブリッドを毒に使ったスーパーカー

♪ラララララララララララ~いや、不肖小沢も久々のジュネーブショー。行くのは何年ぶりかだけどやっぱ盛り上がるね~、気分アゲアゲ!

というのも、今回は問答無用の『スーパーカー祭り』だったからだ。しかも、その主人公はこの世界の巨人ともアントニオ猪木とも言うべき問答無用の超ヒーロー、フェラーリ! しかも名前が“ラ”フェラーリですよ“ラ”フェラーリ!

本来の「La」はイタリア語の冠詞で、英語で言えば「ザ・フェラーリ」なんだけど、強引に中国語に当てると“裸 法拉利”もしくは“辣 法拉利”!

日本のディーラーさんにゃ怒られそうですが、これだけでワクワクしてくるじゃないですか。事実、今や世界最大レベルのフェラーリ市場になった4月の中国上海ショーじゃ、簡体字でそんな風に表記されるかもしれないし。

中身も凄くって、フルカーボンモノコックを使った総合出力963psのスーパーミドシップマシン。

パワーユニットは現行フラッグシップモデル「F12ベルリネッタ」用をパワーアップした800psの6.3リッターV12DOHCを中心に、プラス163psの2モーターシステム「HY-KERS」を加えた構成になってるけど、最大のポイントは本来エコなハイブリッドシステムをパワーアップのために使ってること。

昔話をすると実はターボチャージャーもそうで、あれも当初は排ガスを利用した「高効率システム」って解釈があった。だが、実際70年代に出たポルシェターボはパワーの塊のモンスター。結局、この手の付加装置は使いようによっては毒にも薬にもなるワケで、トヨタ・プリウスがある意味モーターを“薬”としてつかったのに対し、「ラ」の方は、“毒”として使ったわけですよ。

最も、燃費も「エンツォ・フェラーリ」比で4割減ってことになってますけどね。ムダにパワー遊びで使えばどんなクルマでも燃費は悪くなりますので(笑)。

スーパーカーは見て、眺めて、想像して喜ぶモノ

ラ フェラーリに対抗して永遠のライバル、スーパーカー界の「阪神タイガース」ことランボルギーニが当ててきたのは、50周年記念車の「ヴェネーノ」。

コイツが世界3台限定ですよ、たったの3台!「ラ」が4