autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アルファロメオ ミト Alfa TCT搭載モデル 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/8/10 14:40

アルファロメオ ミト Alfa TCT搭載モデル 海外試乗レポート(2/2)

関連: アルファ ロメオ ミト Text: 西川 淳 Photo: フィアット グループ オートモービルズ ジャパン
アルファロメオ ミト Alfa TCT搭載モデル 海外試乗レポート

MTもいいけれどセミATもまた格別

アルファロメオ ミトアルファロメオ ミト

乗った瞬間には「おっ、乗り味がさらに洗練されたんじゃないか!?」と思われたのだが、帰国して友人のミトに乗ってみたらあまり変わらない印象を受けたので、きっと“作り慣れてきた”のだろう。

相変わらず、その造形から想像されるよりもしなやかに脚が動き、ハードな印象はほとんど感じさせず、かといってふにゃふにゃでもない、適度に引き締まって好ましいライドフィールをみせてくれた。

気になるのは、Alfa TCTと新マルチエアエンジンだろう。

Alfa TCTに関しては、既にVWでもこのクラスで採用されているし、FPT(フィアット・パワー・トレイン)が開発したといっても、他車に比べてはるかに勝っているor劣っているような点は見当たらない。最新のデュアルクラッチシステムとして、極めて真っ当な性能である。

とはいえ、オートのスムースさと、マニュアル操作のダイレクト感を両立する2ペダルのアルファロメオは、事実上ミトTCTが「初」だから、その感動は大きい。

DNAをダイナミックモードにしてガンガン走らせるような場面で、神経を集中させるポイントがひとつ減ることがこんなに余裕を生むのかと、今さら感心してしまう。ドライバーを刺激してやまないアルファロメオだからこそ、MTもいいけれど、セミMT(AT)もまた格別なのだ。

もう一つ気になるアイドリングストップは、再始動時に余計なストレスを感じさせず、ひと安心だ。

エンジンも上出来。TCTとのマッチングも良く、気持ちいい。ゾクゾクさせるような刺激こそないけれども、低回転域からきっちりと力を出して、それを上までレスポンスよく持続する様子は、従来のエンジンを大きく上回った。

燃費も1割は向上する(もちろんアイドリングストップの影響が大きいが)というのだから、既オーナーは悲鳴ものだろう。

アルファロメオ ミト

ほとんど「別モノ感」の漂うクアドリフォリオ・ヴェルデ(6MT)は脇に置いておくとして、ようやく日本におけるミトの大本命(もちろん日本仕様は右ハンドル)がやってきた、といえるだろう。

スプリントかコンペかは、お好み次第だ。

小径タイヤ(16インチ)であれば、実はとてもアルファらしい“イタリアのオッサン”くささ(=ちょっと野暮ったいけど、粘り気があってスポーツも十分こなせる)が味わえるし、大径(17インチやオプションの18インチ)でも、シャシーとボディがちゃんと対応してくれるから、かなりモダンでスポーティな走りが楽しめる。予算と装備内容をじっくり比べて、決めて欲しい。

筆者: 西川 淳

アルファ ロメオ ミト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アルファ ロメオ ミト の関連記事

アルファ ロメオ ミトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ ミト の関連記事をもっと見る

アルファ ロメオ ミト の関連ニュース

アルファ ロメオ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    376.9万円424.4万円

  • アルファ ロメオ
    4C

    新車価格

    849万円1,070万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    268.9万円330.5万円