autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アルファロメオ MiTo 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/5/1 12:00

アルファロメオ MiTo 試乗レポート(3/4)

関連: アルファ ロメオ ミト Text: 岡本 幸一郎 Photo: 柴田 康年(編集部)
アルファロメオ MiTo 試乗レポート

注目は“D.N.Aシステム”による走行性能

1.4Lターボエンジン
インプレッションインプレッション

足まわりでは、乗り心地を悪化させることなくロールを抑えるリバウンドスプリング内蔵ダンパーを採用する点が特徴。また、215/45R17という、クルマのわりにキャパシティの大きなタイヤを標準で履く。これらにより、コーナリング中の内輪の浮き上がりを抑え、4輪を的確に接地させて曲がっていく感覚を得ている。

ノーマルの市販車としてはコーナリングスピードが相当に速いことも印象的。しかも、ベタッとしすぎることもなく、軽快なハンドリングを楽しめるところもいい。

また、操作したとおりに素直にクルマが反応する印象で、アンダーステアも出れば、タックイン、オーバーステアも起こる。そこには最近のクルマの多くが抑え込んでしまっている、ちょっと古典的なドライビングプレジャーがある。そこがまた、運転して「楽しさ」を実感する部分である。

MiToのもうひとつの特徴である「D.N.A.」システムは、「D」=ダイナミック、「N」=ノーマル、「A」=オールウェザーと3つの走りのモードを持つこと。 スポーツ走行では本命の「D」に設定すると、エンジンレスポンスがよりシャープになり、通常1バール程度の過給圧が、1.3バールへとアップし、ピークトルクも201Nmから230Nmへと向上する。また、電動パワステのアシストが減って、適度にドッシリとしてくる。

さらに、旋回内輪にブレーキをかけLSD効果を得る「Q2」がフルに作動する。反対にASRやVDCの介入が限りなくOFFに近くなるという。 もちろんエンジンが速くなるのは体感できるし、ハンドリング特性もかなり変化する。

「N」ではやや大きく出たアンダーステアが、「D」ではだいぶ抑えられる。 こうした統合的な電子デバイスが、このクラスながら標準装備される点も、MiToの特徴といえる。

アルファ ロメオ ミト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アルファ ロメオ ミト の関連記事

アルファ ロメオ ミトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ ミト の関連記事をもっと見る

アルファ ロメオ ミト の関連ニュース

アルファ ロメオ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    268.9万円330.5万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    376.9万円440.6万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    849万円1,070万円