autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アルファロメオ ジュリエッタ 試乗レポート/河口まなぶ 4ページ目

試乗レポート 2012/1/11 19:53

アルファロメオ ジュリエッタ 試乗レポート/河口まなぶ(4/4)

アルファロメオ ジュリエッタ 試乗レポート/河口まなぶ

ゴルフGTIを上回る痛快さのクアドリフォリオヴェルデ

アルファロメオ ジュリエッタアルファロメオ ジュリエッタ

最高峰モデルのクアドリフォリオヴェルデは、VW ゴルフGTIを上回る痛快さを披露してくれる。

伝統の1750ccという排気量が与えられた直噴ターボエンジンは、235ps/340Nmを発生。これに6速MTのみが組み合わせられる。加速感は低速から圧倒的な力強さで押していくタイプ。高回転でのキレはないが、トルクの厚みでどこからでも力が溢れる感覚は現代的だ。

しかもクアドリフォリオヴェルデは、18インチのタイヤ&ホイールを履くにも関わらず、専用開発されたスポーツサスペンションによって乗り心地の良さはコンペティツィオーネ以上に感じるほどで、段差などではハードな感じを受けるが通常路面では非常にしなやかにサスペンションが動く。

こんな具合なので場所を問わず圧倒的な速さを誇るし、どんなシーンでも痛快な感覚を味わえる。つまり、このモデルは根っからのクルマ好きをうならせるトップ・オブ・ジュリエッタというわけだ。

そして、今回のジュリエッタで最も注目したいのは価格設定だ。

スプリントが「318万円」、コンペティツィオーネが「358万円」、クアドリフォリオヴェルデは「388万円」と、相当にVW ゴルフを意識したプライスタグを付けている。

特に、スプリントの価格は戦略的だ。VW ゴルフで見るとハイラインと同等の価格を提示しながらもエンジン性能は上、という具合でガチンコ勝負できる内容となっている。

最先端のメカニズム、アルファロメオ特有のデザインと実用性の融合、そして実際の走りでもライバルと同等以上を実現・・・といった具合で、かなりパーフェクトな内容を備える。

つまりジュリエッタとは、今までのイタリア車やアルファロメオにあったネガティブな要素を完璧にツブして高い商品性を手に入れた、「本気の勝負グルマ」といっても良い1台。

そう考えるとジュリエッタは、これまでイタリア車やアルファロメオと無縁だった人にアピールすることのできる民主化されたイタリア車であり、アルファロメオなのである!と僕は思っている。

だから、今後の販売台数の推移にはとっても注目したいのだ。

アルファ ロメオ ジュリエッタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アルファ ロメオ ジュリエッタ の関連記事

アルファ ロメオ ジュリエッタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ ジュリエッタ の関連記事をもっと見る

アルファ ロメオ ジュリエッタ の関連ニュース

アルファ ロメオ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    376.9万円424.4万円

  • アルファ ロメオ
    4C

    新車価格

    849万円1,070万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    268.9万円330.5万円