autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [速攻試乗]美しいスタイル、そしてこのうえなく愉しい走り/アルファ ロメオ 4Cスパイダー 国内初試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/1/24 11:16

[速攻試乗]美しいスタイル、そしてこのうえなく愉しい走り/アルファ ロメオ 4Cスパイダー 国内初試乗レポート(2/6)

関連: アルファ ロメオ 4Cスパイダー , アルファ ロメオ 4C Text: 嶋田 智之 Photo: 和田清志・FCAジャパン
[速攻試乗]美しいスタイル、そしてこのうえなく愉しい走り/アルファ ロメオ 4Cスパイダー 国内初試乗レポート

オープンモデルならではの強固な補強が、しかしさりげなく施される

[速攻試乗]アルファ ロメオ 4Cスパイダー 国内初試乗レポート/嶋田智之

最も重要なところから挙げるなら、フロントウインドーを取り囲むフレームの部分が新たにカーボンファイバーで作り直されていて、それは見た目では判らないが、カーボンモノコックに接着接合されたうえ、ボルトで留められている。

またカーボン製のアウターで覆われているのでやはり見えないのだが、クーペでいうならルーフエンドに相当する部分にアルミ製のロールバーが設けられている。

なぜそんなめんどくさそうなことをしたのかといえば、もちろん4Cが持っている運動性能の良さを損なわないようにするためだ。

クーペと比べてもわずか10kgの重量差に収めた

[速攻試乗]アルファ ロメオ 4Cスパイダー 国内初試乗レポート/嶋田智之[速攻試乗]アルファ ロメオ 4Cスパイダー 国内初試乗レポート/嶋田智之

オープンカーというのは、乗る方は気持ちいいけど作る身になって考えると実に厄介で、ルーフの部分を開いた構造にすると、車体の剛性を確保しづらいという宿命にある。そのため多くの場合はかなり車体への補強が必要となり、結果、重量が大幅に重くなってしまう。それはガッチリと岩のように硬いカーボンモノコックを採用する4Cも、他のクルマ達より影響は少ないものの、例外ではない。

ところが4Cは御存知のとおり“軽さ”が命のスポーツカーだから、通常とは違う方法で重量増を抑えつつ剛性を確保しなければならなかった、というわけだ。

またトップがハードなパネルではなくファブリック製とされたのも、ウインドーグラス類が10%ほど薄手にされているのも、すべて軽さのため。

結果、日本仕様では車重1050kgとなるクーペに対して、たった+10kgの1060kgという、異例なほどベース車両と重量差のないオープンカーができあがった。

[ただ屋根が開くだけではない、そのこだわりに迫る・・・次ページへ続く]

アルファ ロメオ 4Cスパイダー 関連ページ

アルファ ロメオ 4C 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アルファ ロメオ 4Cスパイダー の関連記事

アルファ ロメオ 4Cスパイダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ 4Cスパイダー の関連記事をもっと見る

アルファ ロメオ 4Cスパイダー の関連ニュース

アルファ ロメオ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    268.9万円330.5万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    376.9万円440.6万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    849万円1,070万円