autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アバルト695 トリブートフェラーリ 試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2011/4/8 11:11

アバルト695 トリブートフェラーリ 試乗レポート/石川真禧照(1/2)

関連: アバルト Text: 石川 真禧照 Photo: オートックワン編集部
アバルト695 トリブートフェラーリ 試乗レポート/石川真禧照

ドライバーへの“甘い誘い”を秘めた真紅のアバルト

フィアット アバルト695 トリブートフェラーリフィアット アバルト695 トリブートフェラーリ

「TRIBUTO Ferrari」と書きこまれたフェラーリレッドのキーをひねると、テールの4本マフラーから、低く力強いサウンドが周囲に轟いた。

イタリアで有名なエグゾーストシステム「レコードモンツァ」のサウンドは、それだけで心がワクワクしてくる。

センターパネルにあるシフトボタンは4個。時計回りに1、N、R、A/Mが並んでいる。

1を押すと1速に入る。ATモードを選択すれば、アクセルを踏みこむだけで、シフトアップ/ダウンを繰りかえす。

A/Mボタンをもう一度押せば、マニュアルモード。シフトは太い握りのハンドルに装着されたパドルレバーで行う。

ノーマルモードのATで走り出す。シフトアップは2,000回転以下で作動する。

「えっ!これがトリブートフェラーリ!?」

走り始めの第一印象は、そう思うほど意外にもモッサリしている。マニュアルモードで引っ張っても、2,000回転からの伸びがまったくないのだ。

フィアット アバルト695 トリブートフェラーリ

そこで、インパネのSPORTボタンを押し、モードを切り換えてみることにした。

SPORTモードにシフトしたトリブートフェラーリは、今までの大人しい顔をかなぐり捨てた。ATモードでも2,000回転からのレスポンスが明らかに違う!

そして3,000回転をオーバーすると、アクセルレスポンスはさらに鋭くなる。

「レコードモンツァ」のエグゾーストサウンドもさらに迫力を増す。

ATモードで全開加速すると、180馬力の1.4リッターターボエンジンは6,500回転まで上昇し、シフトアップを続けていく。

240km/hスケールのスピードメーターの針も、アッという間に超高速の世界に達するほどだ。

5速100km/hは2,500回転だが、トリブートフェラーリはドライバーに「もっと行け!」と盛んにけしかけるのだ。

その甘い誘いを断るには、かなりの精神力を要求される。太いハンドル、魅力的なサウンド、体にフィットする「アバルトコルサbyサベルト」のレーシーなシート、すべてがもっと行け!と訴えかけてくるのだ。

フィアット アバルト695 トリブートフェラーリフィアット アバルト695 トリブートフェラーリフィアット アバルト695 トリブートフェラーリフィアット アバルト695 トリブートフェラーリフィアット アバルト695 トリブートフェラーリ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アバルト の関連記事

アバルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アバルト の関連記事をもっと見る

アバルト の関連ニュース

アバルト 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21

  • アバルト
    595

    新車価格

    293.8万円397.4万円

  • アバルト

    新車価格

    388.8万円437.4万円