autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アバルト 695 トリブート フェラーリ 試乗レポート/九島辰也 3ページ目

試乗レポート 2011/3/14 11:10

アバルト 695 トリブート フェラーリ 試乗レポート/九島辰也(3/4)

関連: アバルト 500C Text: 九島 辰也 Photo: オートックワン編集部
アバルト 695 トリブート フェラーリ 試乗レポート/九島辰也

“トリビュート”の如く、目に見えないところまでチューニング

アバルト 695トリブートフェラーリ

トリブートはイタリア語で、英語のトリビュートの同意語となる。意味は賞賛や尊敬といったところ。F1で活躍するフェラーリに対するアバルトの心情ともとれるだろう。なので、エンジンパフォーマンスだけでなくハンドリングもまたアグレッシブ。

ショートホイールベースのボディはタイトコーナーでおもしろいようにクルリとまわる。ワインディングが楽しくなるのはご想像のとおり。軽量化されたボディと、この軽快なハンドリングは流石、としか言いようがない。

さらにいえば、コクピットのデザインがそうした走り以上にレーシーな世界観を盛り上げる。フェラーリが採用しているイェーガー製のメーターや、トリコロールのアクセントが付くレザーステアリング、それとカーボンシェルにレザーを貼ったバケットシートが、まんまフェラーリを思い浮かばせる。

従来比10kg減のこのシートはかなり高価なものに違いない。ダッシュのカーボンパネルも実にいいアクセントとして貼られる。また、走り出して感動するのはエグゾーストから響き渡る排気サウンド。レコード・モンツァと呼ばれる排気システムが3000回転あたりから乾いた高音を発するのだ。

V8フェラーリのあの官能的なサウンドとまではいかないが、なかなかいい仕上がりである。 目に見えないところまでチューニングしているのがこのクルマの醍醐味かもしれない。

アバルト 695トリブートフェラーリアバルト 695トリブートフェラーリアバルト 695トリブートフェラーリアバルト 695トリブートフェラーリアバルト 695トリブートフェラーリ

アバルト 500C 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アバルト 500C の関連記事

アバルト 500Cの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アバルト 500C の関連記事をもっと見る

アバルト 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • アバルト
    595

    新車価格

    293.8万円397.4万円

  • アバルト

    新車価格

    388.8万円437.4万円