autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マクラーレン 650Sスパイダー 試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2014/10/21 18:10

マクラーレン 650Sスパイダー 試乗レポート/石川真禧照(2/2)

関連: マクラーレン 650S Text: 石川 真禧照 Photo: 茂呂幸正
マクラーレン 650Sスパイダー 試乗レポート/石川真禧照

マクラーレン 650Sの乗り易さは“F1”に近い

マクラーレン 650Sスパイダー 試乗イメージ4

もちろん、ドライバーがその気になればマクラーレン 650Sはサーキットでもドライバーの意のままに走らせることができる。

それは“F1マシン”に近い感覚。実は10年ほど前、数年落ちのF1マシンに乗ったことがある。そのときの印象は「とても乗りやすい」ということだった。もちろんレーシングスピードではなかったし、エンジン回転も8,000回転以下だった。それでも同じときに乗ったF3マシンなどよりも、ずっと乗りやすかったのだ。そのときの感覚が、蘇ってきた。

マクラーレン 650Sは「フェラーリ」や「ランボルギーニ」などよりも乗りやすいスーパースポーツカーと言える。

マクラーレン 650Sスパイダー 試乗イメージ3マクラーレン 650Sスパイダー と石川真禧照氏

650Sのボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類が存在する。

今回試乗した650Sは、自動で約15秒で開閉するルーフをもつスパイダーだったが、オープンにしてもボディはミシリともいわず、ドアウィンドウとリアのスクリーンを上げれば室内は快適。エキゾーストサウンドを楽しみながらのドライブもできる。

650Sに乗り、その乗りやすさに本当に魅せられてしまった。

しかし、全長4.5m、全幅2mというボディとV8・3.7リッターエンジン(そして3,400万円という価格)には抵抗がある人もいるはず。

そういう人のためにマクラーレンは来年春、“ベイビー・マクラーレン”を発表・発売する。

それが発売されれば、ポルシェ911の好敵手となるに違いない。とくに女性ドライバーに、新しいベイビー・マクラーレンを勧めたい。

マクラーレン 650Sスパイダーマクラーレン 650Sスパイダーマクラーレン 650Sスパイダーマクラーレン 650Sスパイダーマクラーレン 650Sスパイダー

McLaren 650S Spider

マクラーレン 650Sスパイダー 試乗イメージ9マクラーレン 650Sスパイダー

エンジン:3.8リッター 90°V8 DOHC 32V ツインターボエンジン(M838T)

最高出力:650PS(478kW)/7,250rpm

最大トルク:678Nm/6,000rpm

トランスミッション:7速SSG(シームレスシフト・デュアルクラッチ・ギアボックス)

車重:1,370kg(乾燥重量)

タイヤサイズ:(F)235/35R19(R)305/30R20

最高速度:329km/h

0-100km/h加速:3.0秒

0-200km/h加速:8.6秒

価格:3,400万円(税込)

マクラーレン 650Sスパイダーマクラーレン 650Sスパイダーマクラーレン 650Sスパイダーマクラーレン 650Sスパイダーマクラーレン 650Sスパイダー

マクラーレン 650S 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マクラーレン 650S の関連記事

マクラーレン 650Sの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マクラーレン 650S の関連記事をもっと見る

マクラーレン 650S の関連ニュース

マクラーレン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24