autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート インフィニティ初のコンパクトカー「Q30」試乗!反響次第で日本に導入? 3ページ目

試乗レポート 2015/11/27 15:30

インフィニティ初のコンパクトカー「Q30」試乗!反響次第で日本に導入?(3/4)

関連: 米国インフィニティ Text: 塩見 智 Photo: Infiniti
インフィニティ初のコンパクトカー「Q30」試乗!反響次第で日本に導入?

日本導入の大本命!2.0リッターガソリンターボから試乗

インフィニティQ30インフィニティQ30

まずは日本に入ってくるとしたら大本命の2.0リッターガソリンターボから試乗。このエンジンはメルセデス・ベンツGLA250 4MATICに搭載されているものと同じで、最高出力211ps/5500rpm、最大トルク35.7kgm/1200-4000rpmというスペックも同一。

7速DCTもメルセデスの7Gトロニックがそのまま用いられている。加えて通常時はFWDで、必要に応じて最大50%までリアにトルク配分される4WDシステムも同じはずだ。

高速道路でアクセルペダルを踏み込むと、相当に力強い加速を味わうことができる。パワーは十分。エンジンは同じはずだが、遮音のしかたなのか、それとも組み込まれたアクティブ・サウンド・エンハンス・システム(エンジンの負荷に応じて乗員が好みそうなバーチャルのエンジンサウンドをスピーカーから流す仕組み)のためなのか、聞こえてくるエンジン音はGLAとは少々異なる。

このエンジンを積んだ仕様のみQ30スポーツと呼ばれ、エンジン以外にも違いがある。

他の仕様よりも車高が15mm低く、スプリングレートが7%引き締められている。加えて他が18インチタイヤ&ホイールを装着するのに対し、スポーツは19インチのそれらが備わる。

この後、ノーマル仕様に乗って初めて、あぁさっきのは少し硬かったんだなと感じたが、このスポーツ仕様のみを試乗している間は足まわりの硬さが気になることはなかった。

さすがに低速で石畳を走らせると上下動が大きく、体が揺すられたが、アスファルト路面では快適で、グッドハンドリング(と19インチのグッドルッキング)とコンフォートライドがうまくバランスしていた。

ディーゼルターボ搭載モデルはどうか

インフィニティQ30インフィニティQ30

2.2リッターディーゼルターボ搭載モデルに乗り換えて、欧州最西端のロカ岬近辺を走らせる。

最高出力168ps/3400-4000rpm、最大トルク35.7kgm/1400-3400rpm。2.0リッターガソリンターボと同じ最大トルクを発揮するのだが、意外にもその発生回転域はわずかながらこのディーゼルエンジンのほうが高い。

近頃の直噴ガソリンターボエンジンはトルキーなのだ。このエンジンは4気筒ディーゼルとしては振動の少なさも静粛性も一級品だ。街中から山道、高速道路までスムーズに、力強く走らせることができた。

エンジンの違いによってガソリンターボ版よりも約80kg重い。それもあってか、どちらかというとハンドリングよりも快適性を重視したセッティングになっている。よっぽどスポーティに走りたいという人以外はガソリンターボ版よりもこちらを好むのではないだろうか。

とはいえ、似たようなパワースペックなので、日本導入に際して今からわざわざディーゼルを入れる可能性は低いのではないだろうか。あくまで推測だが。

短距離ながら1.5リッターのディーゼルターボエンジン(最高出力107ps/4000rpm、最大トルク26.5kgm/1750-2500rpm)を搭載したFWDのモデルにも乗った。

MTを操作しながらヨーロッパの街中をスイスイ走らせるのは楽しかったが、この仕様が日本に入ってくる可能性は低いだろう。1.5リッター直4のディーゼルターボエンジンはマツダにもある。スペックは近い。車体がQ30のほうが約200kg重いので、CX-3ほど元気よくは走らせられないが、振動の少なさや静粛性は肩を並べていると思う。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

米国インフィニティ の関連記事

米国インフィニティの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

米国インフィニティ の関連記事をもっと見る

米国インフィニティ の関連ニュース