autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート インフィニティ初のコンパクトカー「Q30」試乗!反響次第で日本に導入? 2ページ目

試乗レポート 2015/11/27 15:30

インフィニティ初のコンパクトカー「Q30」試乗!反響次第で日本に導入?(2/4)

関連: 米国インフィニティ Text: 塩見 智 Photo: Infiniti
インフィニティ初のコンパクトカー「Q30」試乗!反響次第で日本に導入?

Q30はなかなかのこってりしたイケメン!

インフィニティQ30インフィニティQ30

Q30はなかなかのイケメンだ。イケメンはイケメンでも最近のシュッとしたイケメンじゃなく、正統派のというか、昔ながらのというか、こってりしたイケメン。彫りが深い系。フロントグリルやCピラーにインフィニティのデザイン上の約束事であるアーク(弓形)のモチーフが使われている。

全体的に彫刻的で抑揚の大きい造形もインフィニティ各モデルに通じる。それにしても、コンパクトカーに標準で19~18インチタイヤ&ホイールが装着されているのだから贅沢な時代になったものだ。

インテリアもエクステリア同様、こってり系の有機的なデザイン。スイッチ類はどれも適当な位置にあり、使い勝手は悪くない。視界も良好だ。アルカンターラのシートは滑りにくく、かけ心地もよい。

ルーフやピラーの内側にはディナミカというスウェード調の素材が用いられており、見た目に優れるだけでなく、触れても心地よい。そのほか、プラスチックパーツの質感も高い。スイッチ類の感触もよろしい。日産ブランドのコンパクトカーとは一線を画す質感であることが乗り込んですぐにわかる。

ドア側についているパワーウインドウ、ドラミラー、パワーシート、クルーズコントロールなどのスイッチはメルセデス・ベンツ用がそのまま流用されている。また細かく見れば、メーター表示やキーシリンダーなどにもメルセデスの面影が見られる。

実はQ30の日本導入は未定のまま

インフィニティQ30

運悪くルフトハンザのストライキに当たって乗り継ぎ便を変更した結果、僕とスーツケースが別々の道を歩むことになって凹んだが、快晴で11月にもかかわらず日中は半袖でOKのリスボンへ着いてしまえば気分は爽快。高速道路や海辺のワインディングロードでQ30を走らせた。

Q30には4種類の排気量のエンジンがラインナップされる。いずれも直4ターボで、ガソリンが1.6リッター(122psと156psの2種類ある)と2.0リッター、ディーゼルが1.5リッターと2.2リッター。

トランスミッションは6速MTと7速DCT(デュアルクラッチ・トランスミッション)の2種類。基本はFWDで、2リッターガソリンターボと2.2リッターディーゼルターボは4WDを選ぶこともできる。

今回我々に用意されたのは、2.0リッターガソリンターボと2.2リッターディーゼルターボ 、それに1.5リッターディーゼルターボ(最高出力107ps/4000rpm、最大トルク26.5kgm/1750-2500rpm)エンジンの3種類。2.0リッターガソリンターボと2.2リッターディーゼルターボがDCTで4WD、1.5リッターディーゼルターボがMTでFWDという仕様だ。

で、いったいどれが日本に入ってくるのか?そう思われたと思うが、ここでひとつご報告。実はQ30が日本で発売されるかどうかはまだ決まっていない。いや日産はもう決めているのかもしれないが、少なくともまだ表明していない。

じゃ、なぜこのタイミングで我々日本メディアを試乗会に呼んだのか? 「日本導入できるよう後押ししてください」とは広報部。要するに海外試乗記事という観測気球を打ち上げ、市場の反応を確かめるのが目的なのだろう。

それならそれでドーンと打ち上げよう。Q30を日本で売るべきか否か、日本で売ったら成功するか否かという観点で試乗した。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

米国インフィニティ の関連記事

米国インフィニティの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

米国インフィニティ の関連記事をもっと見る

米国インフィニティ の関連ニュース